紛らわしい語

「仕分け」と「仕訳」の違い

投稿日:

「仕分け」と「仕訳」の意味の違い

「仕分(け)」と「仕訳」は、どちらもシワケと読む語です。

【仕分(け)】 区分・分類する

【仕訳】 (簿記で)取引を勘定科目に分類すること

どちらも、物事についての区分という意味を持ちますが、使われる場面が異なっています。

「仕分け」は、品物などを種類・用途などに応じて分類・整理すること。

「仕訳」は、複式簿記における取引の分析・記録の一つ。

「仕訳」は簿記用語であり、一般的には「仕分け」の語を用います。

「仕分け」の使用例

  • 届いた荷物を仕分ける
  • 商品を仕分けるバイト
  • 事業仕分け
  • 仕分け作業
  • 仕分け機
  • 仕分け財布

「仕訳」の使用例

  • 仕訳帳
  • 貸借の仕訳
  • 仕訳伝票

注意点

動詞にする際、「仕分ける」と表すことはできますが、「仕訳る」と表すことはできません。

「仕訳する」と表しましょう。

-紛らわしい語

執筆者:

関連記事

no image

「振るう」と「奮う」の違い

「振るう」と「奮う」の意味の違い 【振るう】ふり動かす、力を発揮する 【奮う】勇み立つ 「振るう」と「奮う」は、どちらもフルウと読む異字同訓の語です。 「振るう」は、勢いよく振り動かすことを意味します …

no image

「調整」と「調製」の違い

「調整」と「調製」の意味の違い 【調整】調子・過不足をととのえる 【調製】注文に応じて作る 「調整」も「調製」も、どちらもチョウセイと読む同音異義語です。 「調整」は、ぐあいの悪い部分を直したり過不足 …

no image

「仮装」と「仮想」の違い

「仮装」と「仮想」の意味の違い 【仮装】 奇抜な姿を装うこと。 【仮想】 仮に想定すること。 「仮装」と「仮想」は、どちらもカソウと読む同音異義語です。 「仮装」は、余興・遊びで奇抜な扮装(ふんそう) …

no image

「利く」と「効く」の違い

「利く」と「効く」の意味の違い 【利く】 能力を十分に発揮する 【効く】 効能が現れる 「利く」と「効く」とは、ともにキクと読む同訓異字の語です。 「利く」は、能力が十分に発揮される、物事がうまく運ぶ …

no image

「形」と「型」の違い

「形」と「型」の意味の違い 【形】 物の姿かたち 【型】 何かをつくるもとになるもの 「形」と「型」とは、ともにカタと読む同音異義語です。 「形」は、物の姿、かたち、ありさまという意味です。フォーム。 …