紛らわしい語

「以下」と「未満」の違い

投稿日:

「以下」と「未満」の意味の違い

【以下(いか)】それと同じまたは小さい

【未満(みまん)】それより小さい

「以下」も「未満」も、ある基準となる数値よりも小さい・少ないことを表します。

ただし、「以下」を用いる場合は基準となる数値をも含みますが、「未満」を用いる場合は含みません。

また、「以下」には、そこから下という意味や、それに劣るという意味もあります。対義語は「以上」。

「以下」の使用例

  • 1万円以下の予算
  • 中学生以下は半額
  • 以下省略・以下同文
  • あいつの実力はおれ以下だ
  • 理事長以下10名の役員〔=それを含めてそれより下位の者全員〕

「未満」の使用例

  • 20歳未満を対象とする調査

-紛らわしい語

執筆者:

関連記事

no image

「移動」と「異動」の違い

「移動」と「異動」の意味の違い 【移動】位置が変わる 【異動】職務・地位が変わる 「移動」と「異動」は、ともにイドウと読む同音異義語です。 「移動」は、そのものの存在する位置が変わること、位置を変える …

no image

「課する(課す)」と「科する(科す)」の違い

「課する(課す)」と「科する(科す)」の意味の違い 【課する(課す)】 義務を割り当てる 【科する(科す)】 刑罰を負わせる 「課する(課す)」と「科する(科す)」は、どちらもカスル(カス)と読む同訓 …

no image

「匂い(匂う)」と「臭い(臭う)」の違い

「匂い」(匂う)と「臭い(臭う)」の意味の違い 【匂い(匂う)】良いにおい 【臭い(臭う)】悪いにおい 「匂い(匂う)」と「臭い(匂う)」は、ともにニオイ(ニオウ)と読む同訓異字の語です。 「匂い(匂 …

no image

「省みる」と「顧みる」の違い

「省みる」と「顧みる」の意味の違い 【省みる】 自分の言動についてかんがえる 【顧みる】 振り返る、気にかける 「省みる」も「顧みる」も、ともにカエリミルと読む同訓異字の語です。 「省みる」は、自分の …

no image

「生む」と「産む」の違い

「生む」と「産む」の意味の違い 【生む】 新しく作り出す 【産む】 母体が子・卵を体外に出す 「生む」も「産む」も、どちらもウムと読む同訓異字の語です。 「生む」は、それまで無かったものを新たに作り出 …