紛らわしい語

「以外」と「意外」の違い

投稿日:

「以外」と「意外」の意味の違い

【以外】 それを除いたほかの物事

【意外】 予想と違うこと

「以外」と「意外」は、どちらもイガイと読む同音異義語です。

「以外」は、ある物事を除いてという意味をあらわす語です。たとえば、「私以外」というときは、「私」を除いた人について言及することをあらわしています。

「意外」は、実際の結果が予想と違っていた驚きの感情を意味します。思いのほか、案外。

「以外」の使用例

  • 関係者以外立ち入り禁止
  • そうする以外に方法がない
  • それ以外の何物でもない〔=まさにそれそのものだ〕

「意外」の使用例

  • 意外な結果に驚く
  • 意外に(意外と)親切な人
  • 意外や意外〔=まったく意外なことに〕
  • 意外性(意外さ)

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「影」と「陰」の違い

「影」と「陰」の意味の違い 【影】光をさえぎってできる黒い形、物の形、姿 【陰】光が当たらない、 隠れて見えない所 「影」と「陰」は、どちらもカゲと読む異字同訓の語です。 「影」は、光が何かにさえぎら …

no image

「収集」と「収拾」の違い

「収集」と「収拾」の意味の違い 【収集】ものをあつめる 【収拾】混乱をおさめる 「収集」と「収拾」は、ともにシュウシュウと読む同音異義語です。 「収集」は、ゴミ(情報)を集めて回ったり、研究や趣味の目 …

no image

「同士」と「同志」の違い

「同士」と「同志」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。 「同士」は、同じ種類・性質であることを意味します。接尾語的に用いてお互いにそういう関係にあることを示します。 用例:「男同士」「隣同士」「恋 …

no image

「調整」と「調製」の違い

「調整」と「調製」の意味の違い 【調整】調子・過不足をととのえる 【調製】注文に応じて作る 「調整」も「調製」も、どちらもチョウセイと読む同音異義語です。 「調整」は、ぐあいの悪い部分を直したり過不足 …

no image

「荒い」と「粗い」の違い

「荒い」と「粗い」の意味の違い 【荒い】 動きが激しい 【粗い】 細やかでない、おおざっぱ 「荒い」と「粗い」とは、どちらもアライと読む同訓異字の語です。 「荒い」は、動きが強く激しくて抑制がきかない …