四字熟語

「以心伝心」とは

投稿日:

以心伝心

読み:いしんでんしん

意味:ことばに出さなくてもお互いの心が通じ合うこと

用例:「彼女とは以心伝心の仲だ」

 

「以」は、「…をもって」「…によって」という意味。心をもって心を伝えるという意味になります。

もとは仏教の禅宗に由来することばで、仏の教えの神髄を言葉ではなく心で弟子に伝えることを指します。

「意心伝心」「以心伝信」などと書かないように注意しましょう。

 

類義:不立文字(ふりゅうもんじ)

-四字熟語

執筆者:

関連記事

no image

「公明正大」とは

公明正大 読み:こうめいせいだい 意味:人目をはばかるようなことが少しもなく、正しくて堂々としていること(ようす) 用例:「公明正大に裁く」   「公明」は、公平でかたよらず、隠し立てがない …

no image

「青息吐息」とは

青息吐息 読み:あおいきといき 意味:困難を乗り切れられず、非常につらく苦しいようす 用例:「物価高で生活が青息吐息だ」   「青息」は、苦しいときにつくため息の意味。「青色」ではないように …

no image

「虎視耽耽」とは

虎視耽耽 読み:こしたんたん 意味:機会をねらって形勢をうかがっているようす 用例:「虎視眈々とねらう」   「虎視」と「耽耽」で、トラが鋭い目で獲物を狙っているようす。そこから転じて、力の …

no image

「罵詈雑言」とは

罵詈雑言 読み:ばりぞうごん 意味:ひどい悪口を並べ立ててののしること 用例:「罵詈雑言を浴びせる」   「雑言」は、ゾウゲンではなく、ゾウゴンと読みます。 「罵詈」は口汚くののしるという意 …

no image

「一石二鳥」とは

一石二鳥 読み:いっせきにちょう 意味:一つのことをして同時に二つ(以上)の利益を得ること 用例:「朝の体操は一石二鳥だ」   一つの石を投げて二羽の鳥を獲得するという意味で、一つの行為によ …