紛らわしい語

「会心」と「改心」の違い

投稿日:

「会心」と「改心」の意味の違い

【会心】 満足する

【改心】 心を入れかえる

「会心」も「改心」も、ともにカイシンと読む同音異義語です。

「会心」は、思いどおりで十分に満足するという意味。「快心」と書くこともあります。

「改心」は、反省して心をあらためるという意味です。

なお、「回心(かいしん)」は、キリスト教で正しい信仰に入ること。「パウロの回心」

「会心」の使用例

  • 会心の作
  • 会心の笑み
  • 会心の友

「改心」の使用例

  • 改心して勉強に励む
  • 非行少年が改心を誓う

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「形」と「型」の違い

「形」と「型」の意味の違い 【形】 物の姿かたち 【型】 何かをつくるもとになるもの 「形」と「型」とは、ともにカタと読む同音異義語です。 「形」は、物の姿、かたち、ありさまという意味です。フォーム。 …

no image

「検診」と「健診」の違い

「検診」と「健診」の意味の違い 【検診】 病気の有無を調べる 【健診】 健康状態を調べる 「検診」も「健診」も、ともにケンシンと読む同音異義語です。 「検診」は、特定の(部位の)病気が有るかどうかを調 …

no image

「最後」と「最期」の違い

「最後」と「最期」の意味の違い 【最後】ものごとの一番あと 【最期】死に際(ぎわ) 「最後」と「最期」は、ともにサイゴと読む同音異義語です。 「最後」は、いくつか続いている物事のもっともあと・うしろと …

no image

「興業」と「興行」の違い

「興業」と「興行」は、どちらもコウギョウと読む同音異義語です。 「興業」は、産業を盛んにすることを意味します。「興す(おこす)」は、盛んにするという意味です。 用例:「殖産興業」「興業債券」 「興行」 …

no image

「謄写」と「透写」の違い

「謄写」と「透写」の意味の違い 【謄写】書き写す、コピー 【透写】すき写し、トレース 「謄写」と「透写」は、いずれもトウシャと読む同音異義語です。 「謄写」は、書き写すという意味です。手書きで写すこと …