紛らわしい語

「作成」と「作製」の違い

投稿日:2018年12月31日 更新日:

「作成」と「作製」の意味の違い

【作成】内容を考えてつくる

【作製】道具や機械を用いてつくる

「作成」と「作製」は、どちらもサクセイと読む同音異義語です。

「作成」は、書類や文章、計画などの内容を考えて生み出すという意味です。思考することに重点があります。

「作製」は、品物やチラシ・カタログといった印刷物、図面などを道具や機械を用いてつくり出すことを意味します。製作。

「作成」の使用例

  • 意見書を作成する
  • 問題を作成する
  • 法案を作成する
  • 図案の作成

「作製」の使用例

  • 模型を作製する
  • ポスターを作製する
  • 地図作製

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「仮装」と「仮想」の違い

「仮装」と「仮想」の意味の違い 【仮装】 奇抜な姿を装うこと。 【仮想】 仮に想定すること。 「仮装」と「仮想」は、どちらもカソウと読む同音異義語です。 「仮装」は、余興・遊びで奇抜な扮装(ふんそう) …

no image

「対象」「対称」「対照」の違い

「対象」「対称」「対照」の意味の違い 【対象】目標となるもの、相手 【対称】対応しあってつりあう 【対照】比べあわせる 「対象」「対称」「対照」は、いずれもタイショウと読む同音異義語です。 「対象」は …

no image

「主旨」と「趣旨」の違い

「主旨」と「趣旨」の意味の違い 【主旨】中心的な意味・内容 【趣旨】何かをするときの考え方、目的・理由 「主旨」も「趣旨」も、ともにシュシと読む同音異義語です。 「主旨」は、文章や談話などの中心となる …

no image

「検診」と「健診」の違い

「検診」と「健診」の意味の違い 【検診】 病気の有無を調べる 【健診】 健康状態を調べる 「検診」も「健診」も、ともにケンシンと読む同音異義語です。 「検診」は、特定の(部位の)病気が有るかどうかを調 …

no image

「捌く」と「裁く」の違い

「捌く」と「裁く」は、どちらもサバクと読む異字同訓語です。 「捌く」は、 手際よく処理するという意味です。 用例:「仕事を捌く」「在庫を捌く」「手綱を捌く」「鳥を捌く」「ハンドル捌き」 「裁く」は、善 …