紛らわしい語

「保障」「保証」「補償」の違い

投稿日:

「保障」「保証」「補償」の意味の違い

【保障】侵害から守る

【保証】確かだと請け合う

【補償】損害をつぐなう

「保障」「保証」「補償」は、いずれもホショウと読む同音異義語です。

「保障」は、権利や自由、安全を他者からの侵害から守ることを意味します。

「保証」は、確かだと請け合う、太鼓判(たいこばん)を押すという意味です。法的には、将来の結果について責任を負うことを意味します。

「補償」は、損害に対するつぐない、埋め合わせをする意味です。

「保障」の使用例

  • 権利・自由を保障する
  • 安全保障
  • 社会保障

「保証」の使用例

  • 人物について保証する
  • 身元保証人
  • 連帯保証
  • 5年の保証付き

「補償」の使用例

  • 事故の損害を補償する
  • 災害補償
  • 損失補償

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「利く」と「効く」の違い

「利く」と「効く」の意味の違い 【利く】 能力を十分に発揮する 【効く】 効能が現れる 「利く」と「効く」とは、ともにキクと読む同訓異字の語です。 「利く」は、能力が十分に発揮される、物事がうまく運ぶ …

no image

「成形」と「整形」の違い

「成形」と「整形」の意味の違い 【成形】形をつくる 【整形】形をととのえる 「成形」と「整形」は、いずれもセイケイと読む同音異義語です。 「成形」は、形をつくることを意味します。とくに型にはめてつくる …

no image

「自制」と「自省」の違い

「自制」と「自省」の意味の違い 【自制】 感情・欲望を抑える 【自省】 自らを反省する 「自制」と「自省」とは、ともにジセイと読む同音異義語です。 「自制」は、自分の感情や欲望を抑えるという意味です。 …

no image

「改定」と「改訂」の違い

「改定」と「改訂」は、どちらもカイテイと読む同音異義語です。 「改定」は、従前のものを改めて決め直すことを意味します。 用例:「料金を改定する」「サービスの改定」「価格改定」 「改訂」は、文書の内容を …

no image

「所用」と「所要」の違い

「所用」と「所要」の意味の違い 【所用】用事 【所要】必要とすること 「所用」も「所要」も、どちらもショヨウと読む同音異義語です。 「所用」は、用事・用件の意味をあらわします。誰かが用いることという意 …