紛らわしい語

「偏在」と「遍在」の違い

投稿日:

「偏在」と「遍在」の意味の違い

【偏在】 かたよって存在する

【遍在】 あまねく存在する

「偏在」も「遍在」も、ともにヘンザイと読む同音異義語です。

「偏在」は、ある場所にだけ存在する、かたよって存在する意味を表します。

「遍在」は、どこにでも、ひろく存在する意味を表します。

「偏在」の使用例

  • 富の偏在
  • 企業が都市部に偏在する

「遍在」の使用例

  • 神の遍在
  • 世界に遍在する信仰

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「捌く」と「裁く」の違い

「捌く」と「裁く」は、どちらもサバクと読む異字同訓語です。 「捌く」は、 手際よく処理するという意味です。 用例:「仕事を捌く」「在庫を捌く」「手綱を捌く」「鳥を捌く」「ハンドル捌き」 「裁く」は、善 …

no image

「同士」と「同志」の違い

「同士」と「同志」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。 「同士」は、同じ種類・性質であることを意味します。接尾語的に用いてお互いにそういう関係にあることを示します。 用例:「男同士」「隣同士」「恋 …

no image

「文書」と「文章」の違い

「文書」と「文章」の意味の違い 【文書(ぶんしょ)】文字を書き記した媒体のこと 【文章(ぶんしょう)】文を連ねて、まとまった内容をあらわしたもの 「文書」は、情報の媒体となる物ですが、紙に文字を記した …

no image

「振るう」と「奮う」の違い

「振るう」と「奮う」の意味の違い 【振るう】ふり動かす、力を発揮する 【奮う】勇み立つ 「振るう」と「奮う」は、どちらもフルウと読む異字同訓の語です。 「振るう」は、勢いよく振り動かすことを意味します …

no image

「収集」と「収拾」の違い

「収集」と「収拾」の意味の違い 【収集】ものをあつめる 【収拾】混乱をおさめる 「収集」と「収拾」は、ともにシュウシュウと読む同音異義語です。 「収集」は、ゴミ(情報)を集めて回ったり、研究や趣味の目 …