紛らわしい語

「優しい」と「易しい」の違い

投稿日:

「優しい」と「易しい」の意味の違い

【優しい】穏やかで好ましい、思いやりがある

【易しい】わかりやすい、簡単だ

「優しい」と「易しい」は、ともにヤサシイと読む異字同訓の語です。

「優しい」は、その人から受ける印象が穏やかで好ましいことや、思いやりや心づかいが感じられることを意味することばです。上品・優美という意味もあります。

「易しい」は、わかりやすい・平易である、あるいは、実行しやすい・簡単であるという意味をあらわします。対義語は「難しい」。

「優しい」の使用例

  • 優しい声(笑顔)
  • 気だての優しい子
  • 障害者に優しい
  • 優しいことば
  • 環境に優しい
  • 優しい肌ざわり

「易しい」の使用例

  • 易しい文章(説明)
  • 易しい問題
  • 言うは易しい

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「押さえる」と「抑える」の違い

「押さえる」と「抑える」の意味の違い 【押さえる】動かないようにする、とらえる 【抑える】おしとどめる、こらえる 「押さえる」と「抑える」は、ともにオサエルと読む異字同訓の語です。 「押さえる」は、物 …

no image

「発行」と「発効」の違い

「発行」と「発効」の意味の違い 【発行】 印刷する、作る 【発効】 効力が発生する 「発行」と「発効」は、どちらもハッコウと読む同音異義語です。 「発行」は、図書や新聞などを印刷して世に出す、あるいは …

no image

「写す」と「映す」の違い

「写す」と「映す」の意味の違い 【写す】 原物を忠実に再現する。コピー。 【映す】 光の反射で物の姿・形が見える。 「写す」と「映す」は、どちらもウツスと読む同音異義語です。 「写す」は、物や文書など …

no image

「改定」と「改訂」の違い

「改定」と「改訂」は、どちらもカイテイと読む同音異義語です。 「改定」は、従前のものを改めて決め直すことを意味します。 用例:「料金を改定する」「サービスの改定」「価格改定」 「改訂」は、文書の内容を …

no image

「攻める」と「責める」の違い

「攻める」と「責める」の意味の違い 【攻める】 相手を打ち負かそうとする 【責める】 相手の落ち度をあげて苦しめる 「攻める」と「責める」は、ともにセメルと読む同訓異字の語です。 「攻める」は、相手を …