紛らわしい語

「匂い(匂う)」と「臭い(臭う)」の違い

投稿日:

「匂い」(匂う)と「臭い(臭う)」の意味の違い

【匂い(匂う)】良いにおい

【臭い(臭う)】悪いにおい

「匂い(匂う)」と「臭い(匂う)」は、ともにニオイ(ニオウ)と読む同訓異字の語です。

「匂い(匂う)」は、心地よいにおいがするという意味です。趣(おもむき)があるという意味にも用いられます。かおり。

「臭い(臭う)」は、嫌悪するようなにおいがするという意味です。そこから、悪事の気配がするという意味にも用いられます。くさい。

「匂い」の使用例

  • バラの匂い
  • 香水が匂う
  • ふるさとの匂いがする
  • 生活の匂い
  • 匂い立つ

「臭い(臭う)」の使用例

  • お酒の臭い
  • 生ごみが臭う
  • 不正の臭いがする
  • 何かが臭う

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「耐える」と「堪える」の使い分け

「耐える」と「堪える」の意味の違い 【耐える】我慢する、持ちこたえる 【堪える】対処できる、値する 「耐える」も「堪える」も、どちらもタエルと読む異字同訓の語です。 「耐える」は、辛さ・苦しみを我慢す …

no image

「現状」と「原状」の違い

「現状」と「原状」は、ともにゲンジョウと読む同音異義語です。 「現状」は、現在の状態を意味します。「現状を踏まえる」「現状に即する」「現状にあきたりない」「現状に甘える」「現状維持」「現状打開〔打破〕 …

no image

「施工」と「施行」の違い

「施工」と「施行」の意味の違い 【施工】 工事を実際に行う 【施行】 法令の効力を発生させる 「施工」と「施行」は、ともにセコウあるいはシコウと読む同音異義語です。 「施工」は、工事や建築を実際に行う …

no image

「必至」と「必死」の違い

「必至」と「必死」は、ともにヒッシと読む同音異義語です。   「必至」は、必ずそうなる、そうなることは避けられないという意味です。 用例:「倒産は必至だ」 類語:必然   「必死」 …

no image

「踊る」と「躍る」の違い

「踊る」と「躍る」の意味の違い 【踊る】リズムに乗って体を動かす 【躍る】勢いよく動く 「踊る」と「躍る」は、ともにオドルと読む異字同訓の語です。 「踊る」は、音楽や歌のリズムに合わせて体を揺れ動かす …