紛らわしい語

「同士」と「同志」の違い

投稿日:

「同士」と「同志」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。

「同士」は、同じ種類・性質であることを意味します。接尾語的に用いてお互いにそういう関係にあることを示します。

用例:「男同士」「隣同士」「恋人同士」「かたき同士」「気の合った同士」「同士討ち〔打ち〕」

「同志」は、同じ主張・理想・目的をもつ人を意味します。

用例:「同志を募る」「同志愛」「革命の同志」

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「生む」と「産む」の違い

「生む」と「産む」の意味の違い 【生む】 新しく作り出す 【産む】 母体が子・卵を体外に出す 「生む」も「産む」も、どちらもウムと読む同訓異字の語です。 「生む」は、それまで無かったものを新たに作り出 …

no image

「分かれる」と「別れる」の違い

「分かれる」と「別れる」の意味の違い 【分かれる】一緒のものが別々になる 【別れる】人と人とが離れる 「分かれる」と「別れる」は、どちらもワカレルと読む異字同訓の語です。 「分かれる」は、一緒だったも …

no image

「遅れる」と「後れる」の違い

「遅れる」と「後れる」の意味の違い 【遅れる】 間に合わない、おそくなる 【後れる】 他のもののあとになる 「遅れる」も「後れる」も、ともにオクレルと読む同訓異字の語です。 「遅れる」は、決められた時 …

no image

「基準」と「規格」の違い

「基準」と「規格」の意味の違い 【基準(きじゅん)】最低限守るべき条件 【規格(きかく)】定められた標準 「基準」は、ビジネスにおいては最低限それを満たさなければいけないとされる条件を意味します。各種 …

no image

「同志」と「同士」の違い

「同志」と「同士」の意味の違い 【同志】 同じ理想・目的を持つ人 【同士】 同じ仲間・種類 「同志」と「同士」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。 「同志」は、同じ理想・目的や主義・主張を持つ人を …