似た意味の語 紛らわしい語

「基準」と「規準」の違い

投稿日:

「基準」と「規準」の意味の違い

【基準】比較のよりどころとなるもの

【規準】行動などの手本となるもの

「基準」も「規準」も、ともにキジュンと読む同音異義語です。

「基準」は、比較・判断のよりどころとなるものを意味します。最低限満たすべき条件という意味で使われることもあります。

「規準」は、思考・行動するときにそれにしたがうことが求められる手本・規範を意味します。

「基準」の使用例

  • 採点基準
  • 判断基準
  • 基準値
  • 測量基準点
  • 基準座標
  • 労働基準
  • 建築基準

「規準」の使用例

  • 企業行動規準
  • コンプライアンス規準
  • 計算規準

-似た意味の語, 紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「調整」と「調製」の違い

「調整」と「調製」の意味の違い 【調整】調子・過不足をととのえる 【調製】注文に応じて作る 「調整」も「調製」も、どちらもチョウセイと読む同音異義語です。 「調整」は、ぐあいの悪い部分を直したり過不足 …

no image

「現状」と「原状」の違い

「現状」と「原状」は、ともにゲンジョウと読む同音異義語です。 「現状」は、現在の状態を意味します。「現状を踏まえる」「現状に即する」「現状にあきたりない」「現状に甘える」「現状維持」「現状打開〔打破〕 …

no image

「捕らわれる」と「囚われる」の違い

「捕らわれる」と「囚われる」の意味の違い 【捕らわれる】つかまる 【囚われる】思考を束縛される 「捕らわれる」も「囚われる」も、どちらもトラワレルと読む異字同訓語です。 「捕らわれる」は、とらえられる …

no image

「速い」と「早い」の違い

「速い」と「早い」は、どちらもハヤイと読む同音異義語です。 「速い」は、動作がすみやか・急である、進行に要する時間が短いという意味です。 用例:「足が速い」「流れが速い」「仕事が速い」「回転が速い」「 …

no image

「飛ぶ」と「跳ぶ」の違い

「飛ぶ」と「跳ぶ」の意味の違い 【飛ぶ】空中を移動する 【跳ぶ】空中へはね上がる 「飛ぶ」と「跳ぶ」は、ともにトブと読む異字同訓の語です。 「飛ぶ」は、空中を移動する、舞い上がるという意味です。そこか …