紛らわしい語

「夫人」と「婦人」の違い

投稿日:2016年10月16日 更新日:

「夫人」と「婦人」の意味の違い

【夫人】他人の妻

【婦人】成人した女性

「夫人」も「婦人」も、どちらもフジンと読む同音異義語です。

「夫人」は、他人の妻に対する敬称です。手紙文では、「令(れい)夫人」と書くこともあります。英語に訳すと、wife、Mrs.になります。

もとは高貴な人の正妻を指す語でした。現在では、名字や役職名などにつづく接尾語として用いることが多い語です。

「婦人」は、成人した女性を意味する語です。社会的になんらかの役割を負う女性という意味を含んでいます。英語に訳すと、lady、womanになります。

「夫人」の使用例

  • 夫人同伴
  • 安倍夫人
  • 社長夫人
  • 大統領夫人(=ファーストレディ)

「婦人」の使用例

  • 婦人服
  • 婦人科
  • 婦人警官
  • 職業婦人〔=働く女性のこと〕

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「合う」「会う」「遭う」の違い

「合う」「会う」「遭う」の意味の違い 【合う】一致する、調和する 【会う】人と対面する、集まる 【遭う】好ましくないことを経験する 「合う」「会う」「遭う」は、いずれもアウと読む異字同訓の語です。 「 …

no image

「発行」と「発効」の違い

「発行」と「発効」の意味の違い 【発行】 印刷する、作る 【発効】 効力が発生する 「発行」と「発効」は、どちらもハッコウと読む同音異義語です。 「発行」は、図書や新聞などを印刷して世に出す、あるいは …

no image

「主催」と「主宰」の違い

「主催」と「主宰」は、どちらもシュサイと読む同音異義語です。 「主催」は、催し物を行うことを意味します。 用例:「自治会主催のお祭り」「展覧会の主催者」 「主宰」は、上に立って物事を行うこと、またはそ …

no image

「調整」と「調製」の違い

「調整」と「調製」の意味の違い 【調整】調子・過不足をととのえる 【調製】注文に応じて作る 「調整」も「調製」も、どちらもチョウセイと読む同音異義語です。 「調整」は、ぐあいの悪い部分を直したり過不足 …

no image

「用件」と「要件」の違い

「用件」と「要件」は、ともにヨウケンと読む同音異義語です。 「用件」は、なすべき事柄という意味です。「用件を聞く〔伝える〕」「用件に入る」「ご用件」などのように使います。類義語として「用事・用向き」な …