似た意味の語 紛らわしい語

「実体」と「実態」の違い

投稿日:

「実体」と「実態」の意味の違い

【実体】ものごとの正体、本当の内容

【実態】実際の状態

「実体」と「実態」は、ともにジッタイと読む同音異義語です。

「実体」は、ものごとの正体・中身、本当のありさま・内容といった意味です。哲学では、さまざまに変化する現象の根底にある本質的なものを意味します。

「実態」は、実際の状態、ありのままの様子という意味です。実体と同じ意味で用いられることもあります。

「実体」の使用例

  • 生命の実体は何か
  • 光の実体をつかむ
  • 実体経済
  • 実体のない会社
  • 実体法

「実態」の使用例

  • 経営の実態
  • 実態(実体)を明らかにする
  • 実態に即する
  • 実態調査

-似た意味の語, 紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「広告」と「公告」の違い

「広告」と「公告」の意味の違い 【広告】 ひろく世間に知らせる 【公告】 法令にもとづき一般に知らせる 「広告」と「公告」とは、どちらもコウコクと読む同音異義語です。 「広告」は、ひろく世間に知らせる …

no image

「主旨」と「趣旨」の違い

「主旨」と「趣旨」の意味の違い 【主旨】中心的な意味・内容 【趣旨】何かをするときの考え方、目的・理由 「主旨」も「趣旨」も、ともにシュシと読む同音異義語です。 「主旨」は、文章や談話などの中心となる …

no image

「以下」と「未満」の違い

「以下」と「未満」の意味の違い 【以下(いか)】それと同じまたは小さい 【未満(みまん)】それより小さい 「以下」も「未満」も、ある基準となる数値よりも小さい・少ないことを表します。 ただし、「以下」 …

no image

「所用」と「所要」の違い

「所用」と「所要」の意味の違い 【所用】用事 【所要】必要とすること 「所用」も「所要」も、どちらもショヨウと読む同音異義語です。 「所用」は、用事・用件の意味をあらわします。誰かが用いることという意 …

no image

「平行」と「並行」の違い

「平行」と「並行」は、どちらもヘイコウと読む同音異義語です。 「平行」は、二つの線などが交わらないことを意味します。 用例:「平行四辺形」「鉄道に平行する道路」「議論は平行線のままである」 「並行」は …