「実体」と「実態」の違い

同音異義

「実体」と「実態」の意味の違い

【実体】ものごとの正体、本当の内容

【実態】実際の状態

「実体」と「実態」は、ともにジッタイと読む同音異義語です。

「実体」は、ものごとの正体・中身、本当のありさま・内容といった意味です。哲学では、さまざまに変化する現象の根底にある本質的なものを意味します。

「実態」は、実際の状態、ありのままの様子という意味です。実体と同じ意味で用いられることもあります。

「実体」の使用例

  • 生命の実体は何か
  • 光の実体をつかむ
  • 実体経済
  • 実体のない会社
  • 実体法

「実態」の使用例

  • 経営の実態
  • 実態(実体)を明らかにする
  • 実態に即する
  • 実態調査