「履く」と「穿く」の違い

同訓異字語

「履く」と「穿く」の意味の違い

【履く】 足先につける

【穿く】 下半身に身につける

「履く」と「穿く」は、どちらもハクと読む同訓異字語です。

「履く」は、足先を保護する物をつけるという意味です。

靴、下駄(げた)、足袋(たび)、スリッパなどの履物(はきもの)は「履く」。

「穿く」は、足をとおして下半身に衣類を身に着けるという意味です。「着く」と書くこともあります。

ズボン、スカート、ストッキング、はかま、パンツなどは「穿く」です。

靴下については、「履く」と「穿く」のどちらも用いられます。

「履く」の使用例

  • 靴を履く
  • スリッパを履く

「穿く」の使用例

  • ズボンを穿く
  • ストッキングを穿く