紛らわしい語

「平行」と「並行」の違い

投稿日:

「平行」と「並行」は、どちらもヘイコウと読む同音異義語です。

「平行」は、二つの線などが交わらないことを意味します。

用例:「平行四辺形」「鉄道に平行する道路」「議論は平行線のままである」

「並行」は、並んで行く(平行)、または、同時に行われる(併行)という意味です。

用例:「電車とバスが並行(平行)して走る」「二つの仕事を並行(併行)する」

 

もう一つの同音異義語に「平衡」があります。これは、かたよらずに安定するという意味です。

用例:「平衡を保つ」「平衡感覚」

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「異常」と「異状」の違い

「異常」と「異状」の意味の違い 【異常】ふつうでないこと 【異状】良くない状態 「異常」と「異状」は、ともにイジョウと読む語です。 「異常」も「異状」も、どちらもふつうではない様子・状態を意味します。 …

no image

「捌く」と「裁く」の違い

「捌く」と「裁く」は、どちらもサバクと読む異字同訓語です。 「捌く」は、 手際よく処理するという意味です。 用例:「仕事を捌く」「在庫を捌く」「手綱を捌く」「鳥を捌く」「ハンドル捌き」 「裁く」は、善 …

no image

「締める」と「絞める」の違い

「締める」と「絞める」は、どちらもシメルと読む同訓異字語です。 「締める」は、ひもなどを固く結ぶ、ゆるまないようにするという意味です。 用例:「ネクタイを締める」「鍵を締める」「財布のひもを締める」「 …

no image

「省みる」と「顧みる」の違い

「省みる」と「顧みる」の意味の違い 【省みる】 自分の言動についてかんがえる 【顧みる】 振り返る、気にかける 「省みる」も「顧みる」も、ともにカエリミルと読む同訓異字の語です。 「省みる」は、自分の …

no image

「即する」と「則する」の違い

「即する」と「則する」の意味の違い 【即する】現実の事態に合わせる 【則する】基準にして従う 「即する」と「則する」は、ともにソクスルと読む同訓異字の語です。 「即する」は、理論やたてまえといったもの …