紛らわしい語

「後世」と「後生」の違い

投稿日:2019年1月14日 更新日:

「後世」と「後生」の意味の違い

【後世】のちの時代

【後生】あとから生まれる(学ぶ)人

「後世」も「後生」も、ともにコウセイと読む同音異義語です。

「後世」は、自分たちが死んだのちの時代を意味します。後代。対義語は「前世」。

「後生」は、自分のあとから生まれる人、あるいは学ぶ人を意味します。後輩、後進。その後の人生という意味で用いるのは誤りです。

なお、「後生」にはゴショウと読むこともあり、その場合には死後に生まれる世界、来世(らいせ)を意味します。

「後世」の使用例

  • 後世に名を残す(とどめる)
  • 後世に伝える

「後生」の使用例

  • 後生を育成する
  • 後生おそるべし〔=後生は、大物になるかもしれないから、あなどることはできない〕

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「既成」と「既製」の違い

「既成」と「既製」の意味の違い 【既成】事柄がすでに存在している 【既製】品物がすでに仕上がっている 「既成」と「既製」は、ともにキセイと読む同音異義語です。 「既成」は、事柄がすでに出来上がっていて …

no image

「生む」と「産む」の違い

「生む」と「産む」の意味の違い 【生む】 新しく作り出す 【産む】 母体が子・卵を体外に出す 「生む」も「産む」も、どちらもウムと読む同訓異字の語です。 「生む」は、それまで無かったものを新たに作り出 …

no image

「調整」と「調製」の違い

「調整」と「調製」の意味の違い 【調整】調子・過不足をととのえる 【調製】注文に応じて作る 「調整」も「調製」も、どちらもチョウセイと読む同音異義語です。 「調整」は、ぐあいの悪い部分を直したり過不足 …

no image

「配付」と「配布」の違い

「配付」と「配布」は、いずれもハイフと読む同音異義語です。 「配付」は、関係する人の一人ひとりに渡すことを意味します。「付」は、手渡しするという意味。 用例:「資料の配付」「問題用紙を配付する」 「配 …

no image

「振込」と「振替」の違い

「振込」と「振替」の意味の違い 【振込(ふりこみ)】他人の口座にお金を入れる 【振替(ふりかえ)】同一名義の口座間でお金を移動する 私たちが銀行で行う取引のなかに、「振込」と「振替」というものがありま …