紛らわしい語

「必至」と「必死」の違い

投稿日:

「必至」と「必死」は、ともにヒッシと読む同音異義語です。

 

「必至」は、必ずそうなる、そうなることは避けられないという意味です。

用例:「倒産は必至だ」

類語:必然

 

「必死」は、(死ぬ覚悟で)全力をつくすという意味です。

用例:「必死に逃げる」「必死の努力〔形相〕」

類語:死に物狂い

 

〔将棋で〕次の手で必ず詰みになる形。

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「改定」と「改訂」の違い

「改定」と「改訂」は、どちらもカイテイと読む同音異義語です。 「改定」は、従前のものを改めて決め直すことを意味します。 用例:「料金を改定する」「サービスの改定」「価格改定」 「改訂」は、文書の内容を …

no image

「初め」と「始め」の違い

「初め」と「始め」の意味の違い 【初め】ものごとの最初 【始め】ものごとの開始 「初(はじ)め」は、ある期間の早い段階、ものごとの最初という意味をあらわします。 「始(はじ)め」は、ある時点から新たな …

no image

「振るう」と「奮う」の違い

「振るう」と「奮う」の意味の違い 【振るう】ふり動かす、力を発揮する 【奮う】勇み立つ 「振るう」と「奮う」は、どちらもフルウと読む異字同訓の語です。 「振るう」は、勢いよく振り動かすことを意味します …

no image

「現状」と「原状」の違い

「現状」と「原状」は、ともにゲンジョウと読む同音異義語です。 「現状」は、現在の状態を意味します。「現状を踏まえる」「現状に即する」「現状にあきたりない」「現状に甘える」「現状維持」「現状打開〔打破〕 …

no image

「夫人」と「婦人」の違い

「夫人」と「婦人」の意味の違い 【夫人】他人の妻 【婦人】成人した女性 「夫人」も「婦人」も、どちらもフジンと読む同音異義語です。 「夫人」は、他人の妻に対する敬称です。手紙文では、「令(れい)夫人」 …