紛らわしい語

「意志」と「意思」の違い

投稿日:

「意志」と「意思」は、ともにイシと読む同音異義語です。

「意志」は、なにかをやり遂げよう、あるいはすまいとする気持ちを意味します。単なる考えや思いではなく、積極的な心のあり方を指します。「意志が強い〔弱い〕」「意志を貫く」「意志が固い」「意志薄弱」「意志強固」「意志的なまなざし」などのように使います。

「意思」は、考え、思いというほどの意味です。「意志」とちがって意欲や積極性といったニュアンスはあまりありません。「意思の疎通」「意思表示」「意思統一を図る」「自由意思」「本人の意思を尊重する」などのように使います。

「意志」は哲学・心理学用語に多く用いられ、「意思」は法律用語に多く用いられます。

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「勧める」と「薦める」の違い

「勧める」と「薦める」の意味の違い 【勧める】行為をうながす 【薦める】人・物を推(お)す 「勧(すす)める」は、あることをするように相手に説く、そうするように促(うなが)すという意味をあらわします。 …

no image

「生む」と「産む」の違い

「生む」と「産む」の意味の違い 【生む】 新しく作り出す 【産む】 母体が子・卵を体外に出す 「生む」も「産む」も、どちらもウムと読む同訓異字の語です。 「生む」は、それまで無かったものを新たに作り出 …

no image

「発行」と「発効」の違い

「発行」と「発効」の意味の違い 【発行】 印刷する、作る 【発効】 効力が発生する 「発行」と「発効」は、どちらもハッコウと読む同音異義語です。 「発行」は、図書や新聞などを印刷して世に出す、あるいは …

no image

「対象」「対称」「対照」の違い

「対象」「対称」「対照」の意味の違い 【対象】目標となるもの、相手 【対称】対応しあってつりあう 【対照】比べあわせる 「対象」「対称」「対照」は、いずれもタイショウと読む同音異義語です。 「対象」は …

no image

「交代」と「交替」の違い

「交代」と「交替」の意味の違い 【交代】 人が入れかわって役割を引き継ぐ 【交替】 仕事をかわり番こで行う 「交代」も「交替」も、ともにコウタイと読む同音異義語です。 「交代」は、ある人の役割を他の人 …