紛らわしい語

「感心」と「関心」の違い

投稿日:

「感心」と「関心」は、どちらもカンシンと読む同音異義語です。

「感心」は、何かに対してほめたい気持ちになることを意味します。類義語に感服、感動、感銘、脱帽、瞠目など。

用例:「礼儀正しい態度に感心する」「親思いの感心な子」

「関心」は、物事に気をかけること、興味を持つことを意味します。

用例:「関心が高い〔低い〕」「関心を持つ〔抱く/示す〕」「関心事(かんしんじ)」

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「文書」と「文章」の違い

文書(ぶんしょ):文字を書き記した媒体のこと 文章(ぶんしょう):文を連ねて、まとまった内容をあらわしたもの   「文書」は、情報の媒体となる物ですが、紙に文字を記したものだけではなく、電子 …

no image

「目礼」と「黙礼」の違い

「目礼」と「黙礼」の意味の違い 【目礼】目だけであいさつする 【黙礼】黙って礼をする 「目礼」も「黙礼」も、ともにモクレイと読む同音異義語です。 「目礼」は、目だけであいさつをすることです。言葉を発し …

no image

「町」と「街」の違い

「町」と「街」の意味の違い 【町】家々が密集する地域 【街】商店が立ち並ぶ通り 「町」と「街」は、ともにマチと読む異字同訓の語です。 「町」は、多くの家々が密集している地域を指します。都会の意味です。 …

no image

「現状」と「原状」の違い

「現状」と「原状」は、ともにゲンジョウと読む同音異義語です。 「現状」は、現在の状態を意味します。「現状を踏まえる」「現状に即する」「現状にあきたりない」「現状に甘える」「現状維持」「現状打開〔打破〕 …

no image

「表す」「現す」「著す」の違い

「表す」「現す」「著す」の意味の違い 【表す】感情をおもてに出す、思考を示す 【現す】隠れていたものを見せる 【著す】本を書いて出す 「表す」「現す」「著す」は、いずれもアラワスと読む異字同訓の語です …