似た意味の語 紛らわしい語

「捕らわれる」と「囚われる」の違い

投稿日:

「捕らわれる」と「囚われる」の意味の違い

【捕らわれる】つかまる

【囚われる】思考を束縛される

「捕らわれる」も「囚われる」も、どちらもトラワレルと読む異字同訓語です。

「捕らわれる」は、とらえられる、つかまえられるという意味です。この意味で「囚われる」の語をもちいることもあります。

「囚われる」は、「捕らわれる」と同じ意味のほかに、なにかに思考を束縛される、そこから抜け出して自由に考えることができないという意味に用いられます。

「捕らわれる」の使用例

  • 蜘蛛の巣に捕らわれる(囚われる)
  • 捕らわれ(囚われ)の身

「囚われる」の使用例

  • 因習に囚われる
  • 先入観に囚われる
  • 目先の利益に囚われる

-似た意味の語, 紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「現状」と「原状」の違い

「現状」と「原状」は、ともにゲンジョウと読む同音異義語です。 「現状」は、現在の状態を意味します。「現状を踏まえる」「現状に即する」「現状にあきたりない」「現状に甘える」「現状維持」「現状打開〔打破〕 …

no image

「影」と「陰」の違い

「影」と「陰」の意味の違い 【影】光をさえぎってできる黒い形、物の形、姿 【陰】光が当たらない、 隠れて見えない所 「影」と「陰」は、どちらもカゲと読む異字同訓の語です。 「影」は、光が何かにさえぎら …

no image

「課する(課す)」と「科する(科す)」の違い

「課する(課す)」と「科する(科す)」の意味の違い 【課する(課す)】 義務を割り当てる 【科する(科す)】 刑罰を負わせる 「課する(課す)」と「科する(科す)」は、どちらもカスル(カス)と読む同訓 …

no image

「必至」と「必死」の違い

「必至」と「必死」は、ともにヒッシと読む同音異義語です。   「必至」は、必ずそうなる、そうなることは避けられないという意味です。 用例:「倒産は必至だ」 類語:必然   「必死」 …

no image

「謄写」と「透写」の違い

「謄写」と「透写」の意味の違い 【謄写】書き写す、コピー 【透写】すき写し、トレース 「謄写」と「透写」は、いずれもトウシャと読む同音異義語です。 「謄写」は、書き写すという意味です。手書きで写すこと …