紛らわしい語

「攻める」と「責める」の違い

投稿日:

「攻める」と「責める」の意味の違い

【攻める】 相手を打ち負かそうとする

【責める】 相手の落ち度をあげて苦しめる

「攻める」と「責める」は、ともにセメルと読む同訓異字の語です。

「攻める」は、相手を打ち負かそうとして押し寄せるという意味です。攻撃。対義語は守備、防衛。

「責める」は、相手に落ち度があることを指摘して反省やつぐないを求める、苦しめるという意味です。とがめる、非難。

「攻める」の使用例

  • 敵を攻める
  • 相手が攻める番になる
  • 城攻め・水攻め

「責める」の使用例

  • 過(あやま)ちを責める
  • 自らを責める
  • 責めさいなむ
  • 拷問で責める〔=苦しめる〕
  • 借金の返済を責められる〔=催促する〕
  • 責め馬〔馬を乗りならすこと〕

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「製作」と「制作」の違い

「製作」と「制作」の意味の違い 【製作】実用的なものをつくる 【制作】芸術的なものをつくる 「製作」と「制作」は、どちらもセイサクと読む同音異義語です。 「製作」は、道具や機械をつかって実用的な物・工 …

no image

「特徴」と「特長」の違い

「特徴」と「特長」は、どちらもトクチョウと読む同音異義語です。 「特徴」は、ほかと比べて目立つ点を意味します。良い点も悪い点も両方含みます。 用例:「特徴のある声」「デザインが特徴的だ」「特徴づける」 …

no image

「正当」と「正統」の違い

「正当」と「正統」の意味の違い 【正当】道理にかなっている 【正統】正しく受け継いでいる 「正当」も「正統」も、どちらもセイトウと読む同音異義語です。 「正当」は、正しく道理に適(かな)っていることを …

no image

「偏在」と「遍在」の違い

「偏在」と「遍在」の意味の違い 【偏在】 かたよって存在する 【遍在】 あまねく存在する 「偏在」も「遍在」も、ともにヘンザイと読む同音異義語です。 「偏在」は、ある場所にだけ存在する、かたよって存在 …

no image

「割く」と「裂く」の違い

「割く」と「裂く」の意味の違い 【割く】割りあてる 【裂く】二つに分ける 「割く」と「裂く」は、ともにサクと読む異字同訓の語です。 「割く」は、あるものの一部を分けて与える、割りあてるという意味です。 …