紛らわしい語

「放す」と「離す」の違い

投稿日:

「放す」と「離す」の意味の違い

【放す】 拘束を解いて自由にする

【離す】 くっついているものを分ける

「放す」も「離す」も、ともにハナスと読む同訓異字の語です。

「放す」は、握ったりつかんだりすることをやめる、捕まえていたものを自由の身にするという意味です。解放、放置。

「離す」は、くっついていたり結びつけられたりしている物を別々に分ける、二つの物の間に距離を置くという意味です。

「放す」の使用例

  • ハンドルから手を(ハンドルを)放す
  • 鳥を放す
  • ナスを水に放す
  • 野放しの状態
  • 見放される

「離す」の使用例

  • つないだ手を離す
  • 魚の身と骨を離す
  • ロープを切り離す
  • くわえた獲物を離す
  • 目を離す
  • 二人の仲を離す
  • 席を離す
  • 2メートル離す

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「製作」と「制作」の違い

「製作」と「制作」の意味の違い 【製作】実用的なものをつくる 【制作】芸術的なものをつくる 「製作」と「制作」は、どちらもセイサクと読む同音異義語です。 「製作」は、道具や機械をつかって実用的な物・工 …

no image

「技」と「業」の違い

「技」と「業」の意味の違い 【技】 技術、腕前 【業】 行い、仕事 「技」と「業」は、どちらもワザと読む同音異義語です。 「技」は、物事を行うための方法であって、とくに修練を積むことによって得られる技 …

no image

「初め」と「始め」の違い

「初め」と「始め」の意味の違い 【初め】ものごとの最初 【始め】ものごとの開始 「初(はじ)め」は、ある期間の早い段階、ものごとの最初という意味をあらわします。 「始(はじ)め」は、ある時点から新たな …

no image

「基準」と「規格」の違い

「基準」と「規格」の意味の違い 【基準(きじゅん)】最低限守るべき条件 【規格(きかく)】定められた標準 「基準」は、ビジネスにおいては最低限それを満たさなければいけないとされる条件を意味します。各種 …

no image

「振るう」と「奮う」の違い

「振るう」と「奮う」の意味の違い 【振るう】ふり動かす、力を発揮する 【奮う】勇み立つ 「振るう」と「奮う」は、どちらもフルウと読む異字同訓の語です。 「振るう」は、勢いよく振り動かすことを意味します …