紛らわしい語

「既成」と「既製」の違い

投稿日:

「既成」と「既製」の意味の違い

【既成】事柄がすでに存在している

【既製】品物がすでに仕上がっている

「既成」と「既製」は、ともにキセイと読む同音異義語です。

「既成」は、事柄がすでに出来上がっていて、世の中によく知られた存在となっていることを意味します。

「既製」は、品物がすでに仕上がっていて、注文によってつくるのではないことを意味します。レディメ-ド。

「既成」の使用例

  • 既成の事実
  • 既成概念
  • 既成作家

「既製」の使用例

  • 既製品
  • 既製服

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「時期」「時季」「時期」の違い

「時期」「時季」「時機」の意味の違い 【時期】 時、期間 【時季】 季節、シーズン 【時機】 機会、チャンス 「時期」「時季」「時機」は、いずれもジキと読む同音異義語です。 「時期」は、何かをするため …

no image

「開放」と「解放」の違い

「開放」と「解放」は、ともにカイホウと読む同音異義語です。 「開放」は、門などを開けて自由な出入りを許すことです。「門戸を開放する」「開放的な性格」「開放厳禁」「市場開放」などのように用います。対義語 …

no image

「以下」と「未満」の違い

「以下」と「未満」の意味の違い 【以下(いか)】それと同じまたは小さい 【未満(みまん)】それより小さい 「以下」も「未満」も、ある基準となる数値よりも小さい・少ないことを表します。 ただし、「以下」 …

no image

「即する」と「則する」の違い

「即する」と「則する」の意味の違い 【即する】現実の事態に合わせる 【則する】基準にして従う 「即する」と「則する」は、ともにソクスルと読む同訓異字の語です。 「即する」は、理論やたてまえといったもの …

no image

「基準」と「規準」の違い

「基準」と「規準」の意味の違い 【基準】比較のよりどころとなるもの 【規準】行動などの手本となるもの 「基準」も「規準」も、ともにキジュンと読む同音異義語です。 「基準」は、比較・判断のよりどころとな …