紛らわしい語

「更生」と「更正」の違い

投稿日:

「更生」と「更正」の意味の違い

【更生】立ち直る

【更正】誤りを正す

「更生」と「更正」は、どちらもコウセイと読む同音異義語です。

「更生」は、本来は生きかえる、よみがえるという意味で、蘇生(そせい)・再生と同義です。そこから、好ましくない精神状態や生活態度をあらためる、立ち直るといった意味に用いられます。

「更正」は、税の申告や登記などに誤りや不備があった場合に、当局がその誤りを正すことです。

「更生」の使用例

  • 自力で更生する
  • 更生施設
  • 休耕田を更生する
  • 更生品〔=リサイクル品〕
  • 会社更生法

「更正」の使用例

  • 税額の更正
  • 更正登記
  • 予算の更正

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「主催」と「主宰」の違い

「主催」と「主宰」は、どちらもシュサイと読む同音異義語です。 「主催」は、催し物を行うことを意味します。 用例:「自治会主催のお祭り」「展覧会の主催者」 「主宰」は、上に立って物事を行うこと、またはそ …

no image

「施工」と「施行」の違い

「施工」と「施行」の意味の違い 【施工】 工事を実際に行う 【施行】 法令の効力を発生させる 「施工」と「施行」は、ともにセコウあるいはシコウと読む同音異義語です。 「施工」は、工事や建築を実際に行う …

no image

「省みる」と「顧みる」の違い

「省みる」と「顧みる」の意味の違い 【省みる】 自分の言動についてかんがえる 【顧みる】 振り返る、気にかける 「省みる」も「顧みる」も、ともにカエリミルと読む同訓異字の語です。 「省みる」は、自分の …

no image

「探す」と「捜す」の違い

「探す」と「捜す」は、どちらもサガスと読む異字同訓語です。 「探す」は、欲しいものを追い求めるときに用います。 用例:「仕事を探す」「宿を探す」「新人を探す」「あらを探す」「宝探し」 「捜す」は、見え …

no image

「形」と「型」の違い

「形」と「型」の意味の違い 【形】 物の姿かたち 【型】 何かをつくるもとになるもの 「形」と「型」とは、ともにカタと読む同音異義語です。 「形」は、物の姿、かたち、ありさまという意味です。フォーム。 …