紛らわしい語

「極限」と「局限」の違い

投稿日:

「極限」と「局限」の意味の違い

【極限】 物事のぎりぎりのところ

【局限】 範囲を限る

「極限」も「局限」も、ともにキョクゲンと読む同音異義語です。

「極限」は、物事が到達するぎりぎりのところという意味です。限界、極度。

「局限」は、物事の範囲を一部にかぎるという意味です。限定、制限。

「極限」の使用例

  • 体力の極限に達する
  • 極限を超える
  • 極限値

「局限」の使用例

  • 問題を局限する

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「実体」と「実態」の違い

「実体」と「実態」の意味の違い 【実体】ものごとの正体、本当の内容 【実態】実際の状態 「実体」と「実態」は、ともにジッタイと読む同音異義語です。 「実体」は、ものごとの正体・中身、本当のありさま・内 …

no image

「発行」と「発効」の違い

「発行」と「発効」の意味の違い 【発行】 印刷する、作る 【発効】 効力が発生する 「発行」と「発効」は、どちらもハッコウと読む同音異義語です。 「発行」は、図書や新聞などを印刷して世に出す、あるいは …

no image

「保障」「保証」「補償」の違い

「保障」「保証」「補償」の意味の違い 【保障】侵害から守る 【保証】確かだと請け合う 【補償】損害をつぐなう 「保障」「保証」「補償」は、いずれもホショウと読む同音異義語です。 「保障」は、権利や自由 …

no image

「夫人」と「婦人」の違い

「夫人」と「婦人」の意味の違い 【夫人】他人の妻 【婦人】成人した女性 「夫人」も「婦人」も、どちらもフジンと読む同音異義語です。 「夫人」は、他人の妻に対する敬称です。手紙文では、「令(れい)夫人」 …

no image

「改定」と「改訂」の違い

「改定」と「改訂」は、どちらもカイテイと読む同音異義語です。 「改定」は、従前のものを改めて決め直すことを意味します。 用例:「料金を改定する」「サービスの改定」「価格改定」 「改訂」は、文書の内容を …