紛らわしい語

「極限」と「局限」の違い

投稿日:

「極限」と「局限」の意味の違い

【極限】 物事のぎりぎりのところ

【局限】 範囲を限る

「極限」も「局限」も、ともにキョクゲンと読む同音異義語です。

「極限」は、物事が到達するぎりぎりのところという意味です。限界、極度。

「局限」は、物事の範囲を一部にかぎるという意味です。限定、制限。

「極限」の使用例

  • 体力の極限に達する
  • 極限を超える
  • 極限値

「局限」の使用例

  • 問題を局限する

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「現状」と「原状」の違い

「現状」と「原状」は、ともにゲンジョウと読む同音異義語です。 「現状」は、現在の状態を意味します。「現状を踏まえる」「現状に即する」「現状にあきたりない」「現状に甘える」「現状維持」「現状打開〔打破〕 …

no image

「以下」と「未満」の違い

「以下」と「未満」の意味の違い 【以下(いか)】それと同じまたは小さい 【未満(みまん)】それより小さい 「以下」も「未満」も、ある基準となる数値よりも小さい・少ないことを表します。 ただし、「以下」 …

no image

「興業」と「興行」の違い

「興業」と「興行」は、どちらもコウギョウと読む同音異義語です。 「興業」は、産業を盛んにすることを意味します。「興す(おこす)」は、盛んにするという意味です。 用例:「殖産興業」「興業債券」 「興行」 …

no image

「同士」と「同志」の違い

「同士」と「同志」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。 「同士」は、同じ種類・性質であることを意味します。接尾語的に用いてお互いにそういう関係にあることを示します。 用例:「男同士」「隣同士」「恋 …

no image

「締める」と「絞める」の違い

「締める」と「絞める」は、どちらもシメルと読む同訓異字語です。 「締める」は、ひもなどを固く結ぶ、ゆるまないようにするという意味です。 用例:「ネクタイを締める」「鍵を締める」「財布のひもを締める」「 …