「次ぐ」と「継ぐ」の違い

異字同訓

「次ぐ」と「継ぐ」の意味の違い

【次ぐ】すぐあとに続く

【継ぐ】前者のあとを受ける

「次ぐ」も「継ぐ」も、どちらもツグと読む異字同訓の語です。

「次ぐ」は、時間的にすぐあとに続いて起こることや、なにかのすぐ下に位(くらい)することを意味します。

「継ぐ」は、前の者が残した体制や地位などを、後の者が引き受けることを意味します。継承。また、つなぎ合わせるという意味もあります。この意味で用いるときは、「接ぐ」とも書きます。

「次ぐ」の使用例

  • 前回に次いで今回も
  • 首位に次ぐ好成績
  • 会長に次ぐ地位
  • 不幸に次ぐ不幸

「継ぐ」の使用例

  • 家業(遺産)を継ぐ
  • 意志を継ぐ
  • 布を継ぐ(継ぐ)
  • 言葉を継ぐ(接ぐ)
  • 木に竹を継ぐ(接ぐ)〔=調和せず、ちぐはぐなことのたとえ〕