紛らわしい語

「次ぐ」と「継ぐ」の違い

投稿日:

「次ぐ」と「継ぐ」の意味の違い

【次ぐ】すぐあとに続く

【継ぐ】前者のあとを受ける

「次ぐ」も「継ぐ」も、どちらもツグと読む異字同訓の語です。

「次ぐ」は、時間的にすぐあとに続いて起こることや、なにかのすぐ下に位(くらい)することを意味します。

「継ぐ」は、前の者が残した体制や地位などを、後の者が引き受けることを意味します。継承。また、つなぎ合わせるという意味もあります。この意味で用いるときは、「接ぐ」とも書きます。

「次ぐ」の使用例

  • 前回に次いで今回も
  • 首位に次ぐ好成績
  • 会長に次ぐ地位
  • 不幸に次ぐ不幸

「継ぐ」の使用例

  • 家業(遺産)を継ぐ
  • 意志を継ぐ
  • 布を継ぐ(継ぐ)
  • 言葉を継ぐ(接ぐ)
  • 木に竹を継ぐ(接ぐ)〔=調和せず、ちぐはぐなことのたとえ〕

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「委譲」と「移譲」の違い

「委譲」と「移譲」の意味の違い 【委譲】(上から下へ)任せる 【移譲】(対等の立場で)ゆずる 「委譲」と「移譲」は、どちらもイジョウと読む同音異義語です。 「委譲」は、上の者がその権限などを下の者へ譲 …

no image

「意志」と「意思」の違い

「意志」と「意思」は、ともにイシと読む同音異義語です。 「意志」は、なにかをやり遂げよう、あるいはすまいとする気持ちを意味します。単なる考えや思いではなく、積極的な心のあり方を指します。「意志が強い〔 …

no image

「同志」と「同士」の違い

「同志」と「同士」の意味の違い 【同志】 同じ理想・目的を持つ人 【同士】 同じ仲間・種類 「同志」と「同士」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。 「同志」は、同じ理想・目的や主義・主張を持つ人を …

no image

「影」と「陰」の違い

「影」と「陰」の意味の違い 【影】光をさえぎってできる黒い形、物の形、姿 【陰】光が当たらない、 隠れて見えない所 「影」と「陰」は、どちらもカゲと読む異字同訓の語です。 「影」は、光が何かにさえぎら …

no image

「努める」「務める」「勤める」の違い

「努める」「務める」「勤める」の意味の違い 【努める】 努力する 【務める】 任務を果たす 【勤める】 勤務する 「努める」「務める」「勤める」は、それぞれツトメルと読む異字同訓の語です。 「努める」 …