紛らわしい語

「正当」と「正統」の違い

投稿日:

「正当」と「正統」の意味の違い

【正当】道理にかなっている

【正統】正しく受け継いでいる

「正当」も「正統」も、どちらもセイトウと読む同音異義語です。

「正当」は、正しく道理に適(かな)っていることを意味します。対義語は「不当(ふとう)」。

「正統」は、創始者の直系の系統・血筋にあたることですが、そこから、伝統を正しく受け継ぐ、本来の様式を忠実に伝えるようすを意味します。対義語は「異端(いたん)」。

「正当」の使用例

  • 正当な理由
  • 正当性・正当化
  • 正当防衛

「正統」の使用例

  • 正統な後継者
  • 南朝を正統とする理由
  • 正統な芸風
  • 正統派の教義
  • テキーラの正統な飲み方

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「適用」と「摘要」の違い

「適用」と「摘要」の意味の違い 【適用】 当てはめて用いる。 【摘要】 要点の抜き書き。 「適用」と「摘要」とは、ともにテキヨウと読む同音異義語です。 「適用」は、ある事柄に対して法律・規則などを当て …

no image

「痛む」「傷む」「悼む」の違い

「痛む」「傷む」「悼む」の意味の違い 【痛む】痛苦を感じる 【傷む】傷ついたり腐ったりする 【悼む】人の死を嘆く 「痛む」「傷む」「悼む」は、いずれもイタムと読む異字同訓語です。 「痛む」は、強い刺激 …

no image

「実体」と「実態」の違い

「実体」と「実態」の意味の違い 【実体】ものごとの正体、本当の内容 【実態】実際の状態 「実体」と「実態」は、ともにジッタイと読む同音異義語です。 「実体」は、ものごとの正体・中身、本当のありさま・内 …

no image

「要項」と「要綱」の違い

「要項」と「要綱」の意味の違い 【要項】 必要で大切な事柄 【要綱】 重要事項をまとめたもの 「要項」と「要綱」は、どちらもヨウコウと読む同音異義語です。 「要項」は、必要な項目や大切な事柄、またはそ …

no image

「整える(整う)」と「調える(調う)」の違い

「整える(整う)」と「調える(調う)」は、どちらもトトノエル(トトノウ)と読む同音異義語です。 「整える(整う)」は、乱れたものをなおすという意味です。整理、整備、整列、整形など。 用例:「服装を整え …