「渇く」と「乾く」の違い

異字同訓

「乾く」と「渇く」の意味の違い

【乾く】水分がなくなる

【渇く】水がほしくなる

「乾く」と「渇く」は、どちらもカワクと読む異字同訓の語です。

「乾く」は、水分・湿気がなくなる意味です。そこから、温かみのない、冷たい感じがする意味にも用いられます。対義語は「湿る」。

「渇く」は、口から水を飲みたくなる、含みたくなる状態を意味します。そこから、なにかを強く欲しているようすを意味することもがあります。

「乾く」の使用例

  • 洗濯物が乾く
  • 乾いた空気
  • 舌の根も乾かぬうちに〔=なにかを言い終えた直後にそれとは矛盾することを言うさま〕
  • 乾いた笑い

「渇く」の使用例

  • のどが渇く
  • 口の渇き
  • 愛情に渇いている