紛らわしい語

「特徴」と「特長」の違い

投稿日:2017年9月18日 更新日:

「特徴」と「特長」は、どちらもトクチョウと読む同音異義語です。

「特徴」は、ほかと比べて目立つ点を意味します。良い点も悪い点も両方含みます。

用例:「特徴のある声」「デザインが特徴的だ」「特徴づける」

「特長」は、とくにすぐれた点を意味します。

用例:「素材の特長を生かす」

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「収集」と「収拾」の違い

「収集」と「収拾」の意味の違い 【収集】ものをあつめる 【収拾】混乱をおさめる 「収集」と「収拾」は、ともにシュウシュウと読む同音異義語です。 「収集」は、ゴミ(情報)を集めて回ったり、研究や趣味の目 …

no image

「夫人」と「婦人」の違い

「夫人」と「婦人」の意味の違い 【夫人】他人の妻 【婦人】成人した女性 「夫人」も「婦人」も、どちらもフジンと読む同音異義語です。 「夫人」は、他人の妻に対する敬称です。手紙文では、「令(れい)夫人」 …

no image

「履く」と「穿く」の違い

「履く」と「穿く」の意味の違い 【履く】 足先につける 【穿く】 下半身に身につける 「履く」と「穿く」は、どちらもハクと読む同訓異字語です。 「履く」は、足先を保護する物をつけるという意味です。 靴 …

no image

「対象」「対称」「対照」の違い

「対象」「対称」「対照」の意味の違い 【対象】目標となるもの、相手 【対称】対応しあってつりあう 【対照】比べあわせる 「対象」「対称」「対照」は、いずれもタイショウと読む同音異義語です。 「対象」は …

no image

「興業」と「興行」の違い

「興業」と「興行」は、どちらもコウギョウと読む同音異義語です。 「興業」は、産業を盛んにすることを意味します。「興す(おこす)」は、盛んにするという意味です。 用例:「殖産興業」「興業債券」 「興行」 …