紛らわしい語

「生む」と「産む」の違い

投稿日:

「生む」と「産む」の意味の違い

【生む】 新しく作り出す

【産む】 母体が子・卵を体外に出す

「生む」も「産む」も、どちらもウムと読む同訓異字の語です。

「生む」は、それまで無かったものを新たに作り出す、生じさせるという意味です。誕生、生成、発生など。

「産む」は、母体が胎児や卵を体外に排出すること(分娩)を意味します。出産、産卵など。「生む」をこの意味で用いる場合もあります。

「生む」の使用例

  • 傑作を生む
  • よい結果を生む
  • 利益を生む
  • 誤解を生む
  • 天才が生まれる
  • 時代が生んだ熱狂
  • 生まれ変わる
  • 生まれ故郷
  • 生まれたて
  • 生まれつき
  • 生まれながら

「産む」の使用例

  • 子を産む
  • 卵を産み落とす
  • 産みの苦しみ

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「履く」と「穿く」の違い

「履く」と「穿く」の意味の違い 【履く】 足先につける 【穿く】 下半身に身につける 「履く」と「穿く」は、どちらもハクと読む同訓異字語です。 「履く」は、足先を保護する物をつけるという意味です。 靴 …

no image

「勧める」と「薦める」の違い

「勧める」と「薦める」の意味の違い 【勧める】行為をうながす 【薦める】人・物を推(お)す 「勧(すす)める」は、あることをするように相手に説く、そうするように促(うなが)すという意味をあらわします。 …

no image

「適用」と「摘要」の違い

「適用」と「摘要」の意味の違い 【適用】 当てはめて用いる。 【摘要】 要点の抜き書き。 「適用」と「摘要」とは、ともにテキヨウと読む同音異義語です。 「適用」は、ある事柄に対して法律・規則などを当て …

no image

「放す」と「離す」の違い

「放す」と「離す」の意味の違い 【放す】 拘束を解いて自由にする 【離す】 くっついているものを分ける 「放す」も「離す」も、ともにハナスと読む同訓異字の語です。 「放す」は、握ったりつかんだりするこ …

no image

「荒い」と「粗い」の違い

「荒い」と「粗い」の意味の違い 【荒い】 動きが激しい 【粗い】 細やかでない、おおざっぱ 「荒い」と「粗い」とは、どちらもアライと読む同訓異字の語です。 「荒い」は、動きが強く激しくて抑制がきかない …