紛らわしい語

「異常」と「異状」の違い

投稿日:

「異常」と「異状」は、ともにイジョウと読む語です。

「異常」も「異状」も、どちらもふつうではない様子・状態を意味しますが、「異常」のほうが一般的に用いられ、「異状」のほうは限定的に用いられます。

「異常」を用いる例として、「異常が生じる」「異常をきたす」「異常な雰囲気」「異常気象」「異常事態」「異常性」など。

「異状」を用いる例として、「異状を訴える」「異状無し」など。

-紛らわしい語

執筆者:

関連記事

no image

「振込」と「振替」の違い

「振込」と「振替」の意味の違い 【振込(ふりこみ)】他人の口座にお金を入れる 【振替(ふりかえ)】同一名義の口座間でお金を移動する 私たちが銀行で行う取引のなかに、「振込」と「振替」というものがありま …

no image

「放す」と「離す」の違い

「放す」と「離す」の意味の違い 【放す】 拘束を解いて自由にする 【離す】 くっついているものを分ける 「放す」も「離す」も、ともにハナスと読む同訓異字の語です。 「放す」は、握ったりつかんだりするこ …

no image

「主旨」と「趣旨」の違い

「主旨」と「趣旨」の意味の違い 【主旨】中心的な意味・内容 【趣旨】何かをするときの考え方、目的・理由 「主旨」も「趣旨」も、ともにシュシと読む同音異義語です。 「主旨」は、文章や談話などの中心となる …

no image

「移動」と「異動」の違い

「移動」と「異動」の意味の違い 【移動】位置が変わる 【異動】職務・地位が変わる 「移動」と「異動」は、ともにイドウと読む同音異義語です。 「移動」は、そのものの存在する位置が変わること、位置を変える …

no image

「製品」と「商品」の違い

「製品」と「商品」の意味の違い 【製品(せいひん)】製造加工された物 【商品(しょうひん)】販売するための物・サービス 「製品」は、原料や材料を加工して作られた物を意味します。単なる「作品」ではなく、 …