「疑・擬・凝」の違い

「疑・擬・凝」の意味の違い

【疑(ギ)】うたがう

【擬(ギ)】似せる

【凝(ギョウ)】こりかたまる

「疑(ギ)」は、うたがう、うたがわしいという意味をあらわします。疑義・疑念など。また、疑ってぐすくずするという意味もあります。遅疑(ちぎ)など。

「擬(ギ)」は、似せる、なぞらえるという意味をあらわします。擬似・擬音など。また、はかる、おしはかるという意味もあります。擬議・擬度など。

「凝(ギョウ)」は、液体がかたまって動かない、こりかたまるという意味をあらわします。凝固・凝縮など。また、一点に集中する、こるという意味もあります。凝議・凝視など。

「疑」を用いた熟語

疑惑・疑義・疑心・疑問・疑念・疑心暗鬼・嫌疑・容疑・質疑・懐疑・猜疑(さいぎ)・半信半疑

遅疑(ちぎ)・狐疑(こぎ)・遅疑(狐疑)逡巡(しゅんじゅん)

「擬」を用いた熟語

擬似・擬音・擬声・擬制・擬製・擬勢・擬態・擬古文・擬人・模擬

擬議・擬度

「凝」を用いた熟語

凝固・凝結・凝縮・凝集・凝血・凝滞・凝然

凝議・凝視