紛らわしい語

「省みる」と「顧みる」の違い

投稿日:

「省みる」と「顧みる」の意味の違い

【省みる】 自分の言動についてかんがえる

【顧みる】 振り返る、気にかける

「省みる」も「顧みる」も、ともにカエリミルと読む同訓異字の語です。

「省みる」は、自分のした言動やふだんの在り方について可否をかんがえるという意味です。反省。

「顧みる」は、自分が通り過ぎた後を振り返るという意味で、そこから、昔を思う、気にかける、世話をするという意味でも用いられます。回顧、顧慮など。

「省みる」の使用例

  • わが身を省みる
  • 浅慮を省みる

「顧みる」の使用例

  • 背後を顧みる
  • 歴史を顧みる
  • 身の危険も顧みず飛び込む
  • 家庭を顧みる余裕がない

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「町」と「街」の違い

「町」と「街」の意味の違い 【町】家々が密集する地域 【街】商店が立ち並ぶ通り 「町」と「街」は、ともにマチと読む異字同訓の語です。 「町」は、多くの家々が密集している地域を指します。都会の意味です。 …

no image

「放す」と「離す」の違い

「放す」と「離す」の意味の違い 【放す】 拘束を解いて自由にする 【離す】 くっついているものを分ける 「放す」も「離す」も、ともにハナスと読む同訓異字の語です。 「放す」は、握ったりつかんだりするこ …

no image

「既成」と「既製」の違い

「既成」と「既製」の意味の違い 【既成】事柄がすでに存在している 【既製】品物がすでに仕上がっている 「既成」と「既製」は、ともにキセイと読む同音異義語です。 「既成」は、事柄がすでに出来上がっていて …

no image

「不審」と「不信」の違い

「不審」と「不信」の意味の違い 【不審】 疑わしい 【不信】 信用しない 「不審」も「不信」も、どちらもフシンと読む同音異義語です。 「不審」は、疑わしい、あやしいと思うこと(さま)を意味します。 「 …

no image

「荒い」と「粗い」の違い

「荒い」と「粗い」の意味の違い 【荒い】 動きが激しい 【粗い】 細やかでない、おおざっぱ 「荒い」と「粗い」とは、どちらもアライと読む同訓異字の語です。 「荒い」は、動きが強く激しくて抑制がきかない …