紛らわしい語

「締める」と「絞める」の違い

投稿日:

「締める」と「絞める」は、どちらもシメルと読む同訓異字語です。

「締める」は、ひもなどを固く結ぶ、ゆるまないようにするという意味です。

用例:「ネクタイを締める」「鍵を締める」「財布のひもを締める」「ふんどしを締める」

「絞める」は、とくに首をしめる場合に用います。

用例:「自分の首を絞める」「絞め殺す」

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「周知」と「衆知」の違い

「周知」と「衆知」の意味の違い 【周知】広く知れわたる 【衆知】多くの人の知恵 「周知」も「衆知」も、ともにシュウチと読む同音異義語です。 「周知」は、多くの人が知っている、広く知れ渡ることを意味しま …

no image

「以外」と「意外」の違い

「以外」と「意外」の意味の違い 【以外】 それを除いたほかの物事 【意外】 予想と違うこと 「以外」と「意外」は、どちらもイガイと読む同音異義語です。 「以外」は、ある物事を除いてという意味をあらわす …

no image

「検診」と「健診」の違い

「検診」と「健診」の意味の違い 【検診】 病気の有無を調べる 【健診】 健康状態を調べる 「検診」も「健診」も、ともにケンシンと読む同音異義語です。 「検診」は、特定の(部位の)病気が有るかどうかを調 …

no image

「施工」と「施行」の違い

「施工」と「施行」の意味の違い 【施工】 工事を実際に行う 【施行】 法令の効力を発生させる 「施工」と「施行」は、ともにセコウあるいはシコウと読む同音異義語です。 「施工」は、工事や建築を実際に行う …

no image

「荒い」と「粗い」の違い

「荒い」と「粗い」の意味の違い 【荒い】 動きが激しい 【粗い】 細やかでない、おおざっぱ 「荒い」と「粗い」とは、どちらもアライと読む同訓異字の語です。 「荒い」は、動きが強く激しくて抑制がきかない …