紛らわしい語

「自制」と「自省」の違い

投稿日:

「自制」と「自省」の意味の違い

【自制】 感情・欲望を抑える

【自省】 自らを反省する

「自制」と「自省」とは、ともにジセイと読む同音異義語です。

「自制」は、自分の感情や欲望を抑えるという意味です。自己抑制。

「自省」は、自分の言動をかえりみる、反省するという意味です。自己反省。

「自制」の使用例

  • 欲望を強く自制する
  • 自制心を失う

「自省」の使用例

  • 深く自省する
  • 自省をうながす
  • 自省の念にかられる

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「収める」「納める」「治める」「修める」の違い

「収める」「納める」「治める」「修める」の意味の違い 【収める】好ましい結果を手に入れる 【納める】しかるべきところに入れる 【治める】混乱が起こらないようにする 【修める】自分を高める努力をする 「 …

no image

「収集」と「収拾」の違い

「収集」と「収拾」の意味の違い 【収集】ものをあつめる 【収拾】混乱をおさめる 「収集」と「収拾」は、ともにシュウシュウと読む同音異義語です。 「収集」は、ゴミ(情報)を集めて回ったり、研究や趣味の目 …

no image

「後世」と「後生」の違い

「後世」と「後生」の意味の違い 【後世】のちの時代 【後生】あとから生まれる(学ぶ)人 「後世」も「後生」も、ともにコウセイと読む同音異義語です。 「後世」は、自分たちが死んだのちの時代を意味します。 …

no image

「飛ぶ」と「跳ぶ」の違い

「飛ぶ」と「跳ぶ」の意味の違い 【飛ぶ】空中を移動する 【跳ぶ】空中へはね上がる 「飛ぶ」と「跳ぶ」は、ともにトブと読む異字同訓の語です。 「飛ぶ」は、空中を移動する、舞い上がるという意味です。そこか …

no image

「耐える」と「堪える」の使い分け

「耐える」と「堪える」の意味の違い 【耐える】我慢する、持ちこたえる 【堪える】対処できる、値する 「耐える」も「堪える」も、どちらもタエルと読む異字同訓の語です。 「耐える」は、辛さ・苦しみを我慢す …