四字熟語

「虎視耽耽」とは

投稿日:2017年1月27日 更新日:

虎視耽耽

読み:こしたんたん

意味:機会をねらって形勢をうかがっているようす

用例:「虎視眈々とねらう」

 

「虎視」と「耽耽」で、トラが鋭い目で獲物を狙っているようす。そこから転じて、力のある者が野心を抱いてチャンスをうかがうという意味をあらわします。

「耽耽」を、「淡淡」と書かないように注意しましょう。

-四字熟語

執筆者:

関連記事

no image

「意気揚揚」とは

意気揚揚 読み:いきようよう 意味: 得意になって元気いっぱいであるようす 用例:「意気揚揚として帰ってきた」   「意気」は、なにかをしようとする気持ち、意気込みのこと。「揚揚」は、得意げ …

no image

「悪戦苦闘」とは

悪戦苦闘 読み:あくせんくとう 意味:苦しみながら困難に打ち勝つ努力をすること 用例:「限られた予算で悪戦苦闘する」   「悪戦」は、こちら側に不利な戦いのこと。不利な状況で苦しい戦闘をする …

no image

「意気投合」とは

意気投合 読み:いきとうごう 意味:お互いの気持ちや意見などがぴったり合うこと 用例:「初対面の人と意気投合する」   「意気」は、何かをしようとする気持ち。「投合」は、よく合う、ぴったり一 …

no image

「暗中模索」とは

暗中模索 読み:あんちゅうもさく 意味:なんの手がかりも無いままで、あれこれやってみること 用例:「事態の打開策を暗中模索する」   「模」は、「摸」とも書きます。 「模索(摸索)」は、手さ …

no image

「跳梁跋扈」とは

跳梁跋扈 読み:ちょうりょうばっこ 意味:悪人など好ましくないものが勢力をもって、好き勝手に振る舞うこと 用例:「悪徳商法が跳梁跋扈する」   「跳梁(ちょうりょう)」は、わがもの顔に走り回 …