紛らわしい語

「要項」と「要綱」の違い

投稿日:

「要項」と「要綱」の意味の違い

【要項】 必要で大切な事柄

【要綱】 重要事項をまとめたもの

「要項」と「要綱」は、どちらもヨウコウと読む同音異義語です。

「要項」は、必要な項目や大切な事柄、またはそれを書き表したものを意味します。

「要綱」は、要約した大綱という意味で、要点をまとめたものを意味する語です。

「要項」が細目的な事柄を列挙する場合に用いられるのに対し、「要綱」は大綱的(根本的)な事柄を要約する場合に用いられるという違いがあります。

「要項」の使用例

  • 募集要項
  • 入試要項
  • 要項を抜粋する。

「要綱」の使用例

  • 要綱を説明する。
  • 要綱がまとまる。
  • 設立要綱(設立趣意書)
  • 災害予防要綱(書類の表題)
  • 経済学要綱(本のタイトル)

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「実体」と「実態」の違い

「実体」と「実態」の意味の違い 【実体】ものごとの正体、本当の内容 【実態】実際の状態 「実体」と「実態」は、ともにジッタイと読む同音異義語です。 「実体」は、ものごとの正体・中身、本当のありさま・内 …

no image

「極限」と「局限」の違い

「極限」と「局限」の意味の違い 【極限】 物事のぎりぎりのところ 【局限】 範囲を限る 「極限」も「局限」も、ともにキョクゲンと読む同音異義語です。 「極限」は、物事が到達するぎりぎりのところという意 …

no image

「捌く」と「裁く」の違い

「捌く」と「裁く」は、どちらもサバクと読む異字同訓語です。 「捌く」は、 手際よく処理するという意味です。 用例:「仕事を捌く」「在庫を捌く」「手綱を捌く」「鳥を捌く」「ハンドル捌き」 「裁く」は、善 …

no image

「飛ぶ」と「跳ぶ」の違い

「飛ぶ」と「跳ぶ」の意味の違い 【飛ぶ】空中を移動する 【跳ぶ】空中へはね上がる 「飛ぶ」と「跳ぶ」は、ともにトブと読む異字同訓の語です。 「飛ぶ」は、空中を移動する、舞い上がるという意味です。そこか …

no image

「平行」と「並行」の違い

「平行」と「並行」は、どちらもヘイコウと読む同音異義語です。 「平行」は、二つの線などが交わらないことを意味します。 用例:「平行四辺形」「鉄道に平行する道路」「議論は平行線のままである」 「並行」は …