紛らわしい語

「課する(課す)」と「科する(科す)」の違い

投稿日:

「課する(課す)」と「科する(科す)」の意味の違い

【課する(課す)】 義務を割り当てる

【科する(科す)】 刑罰を負わせる

「課する(課す)」と「科する(科す)」は、どちらもカスル(カス)と読む同訓異字語です。

「課する」は、義務や負担を一方的に割り当てる、押し付けるという意味です。

「科する」は、法にもとづいて罰金や懲役などの刑罰を与えるという意味です。

「課する(課す)」の使用例

  • 宿題を課する(課す)
  • 任務を課する(課す)
  • 税金を課する(課す)

「科する(科す)」の使用例

  • 懲役を科する(科す)
  • 罰金を科する(科す)

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「省みる」と「顧みる」の違い

「省みる」と「顧みる」の意味の違い 【省みる】 自分の言動についてかんがえる 【顧みる】 振り返る、気にかける 「省みる」も「顧みる」も、ともにカエリミルと読む同訓異字の語です。 「省みる」は、自分の …

no image

「追及」「追求」「追究」の違い

「追及」「追求」「追究」の意味の違い 【追及】どこまでも追いつめる 【追求】あらゆる手段をつくして手に入れる 【追究】つきつめて明らかにする 「追及」「追求」「追究」は、いずれもツイキュウと読む同音異 …

no image

「感心」と「関心」の違い

「感心」と「関心」は、どちらもカンシンと読む同音異義語です。 「感心」は、何かに対してほめたい気持ちになることを意味します。類義語に感服、感動、感銘、脱帽、瞠目など。 用例:「礼儀正しい態度に感心する …

no image

「自制」と「自省」の違い

「自制」と「自省」の意味の違い 【自制】 感情・欲望を抑える 【自省】 自らを反省する 「自制」と「自省」とは、ともにジセイと読む同音異義語です。 「自制」は、自分の感情や欲望を抑えるという意味です。 …

no image

「異常」と「異状」の違い

「異常」と「異状」は、ともにイジョウと読む語です。 「異常」も「異状」も、どちらもふつうではない様子・状態を意味しますが、「異常」のほうが一般的に用いられ、「異状」のほうは限定的に用いられます。 「異 …