紛らわしい語

「配付」と「配布」の違い

投稿日:

「配付」と「配布」は、いずれもハイフと読む同音異義語です。

「配付」は、関係する人の一人ひとりに渡すことを意味します。「付」は、手渡しするという意味。

用例:「資料の配付」「問題用紙を配付する」

「配布」は、一般の人々に広く配ることを意味します。「布」は、広い範囲に行き渡らせるという意味。

用例:「ビラを配布する」

 

もう一つ同じ同音異義語として「配賦」があります。これは、割り当てるという意味です。

用例:「間接費を配賦する」

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「合う」「会う」「遭う」の違い

「合う」「会う」「遭う」の意味の違い 【合う】一致する、調和する 【会う】人と対面する、集まる 【遭う】好ましくないことを経験する 「合う」「会う」「遭う」は、いずれもアウと読む異字同訓の語です。 「 …

no image

「必至」と「必死」の違い

「必至」と「必死」は、ともにヒッシと読む同音異義語です。   「必至」は、必ずそうなる、そうなることは避けられないという意味です。 用例:「倒産は必至だ」 類語:必然   「必死」 …

no image

「攻める」と「責める」の違い

「攻める」と「責める」の意味の違い 【攻める】 相手を打ち負かそうとする 【責める】 相手の落ち度をあげて苦しめる 「攻める」と「責める」は、ともにセメルと読む同訓異字の語です。 「攻める」は、相手を …

no image

「次ぐ」と「継ぐ」の違い

「次ぐ」と「継ぐ」の意味の違い 【次ぐ】すぐあとに続く 【継ぐ】前者のあとを受ける 「次ぐ」も「継ぐ」も、どちらもツグと読む異字同訓の語です。 「次ぐ」は、時間的にすぐあとに続いて起こることや、なにか …

no image

「収める」「納める」「治める」「修める」の違い

「収める」「納める」「治める」「修める」の意味の違い 【収める】好ましい結果を手に入れる 【納める】しかるべきところに入れる 【治める】混乱が起こらないようにする 【修める】自分を高める努力をする 「 …