紛らわしい語

「開放」と「解放」の違い

投稿日:

「開放」と「解放」は、ともにカイホウと読む同音異義語です。

「開放」は、門などを開けて自由な出入りを許すことです。「門戸を開放する」「開放的な性格」「開放厳禁」「市場開放」などのように用います。対義語は「閉鎖」。

「解放」は、束縛や制限を解いて自由にすること。「人質を解放する」「仕事からの解放感を味わう」「解放区」などのように使います。対義語は「束縛」。

「開放感」と「解放感」、どちらも使われる語です。「開放感」は空間が広々としている感じをあらわし、「開放感」は束縛から逃れて自由を満喫している感じをあらわしています。

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「対象」「対称」「対照」の違い

「対象」「対称」「対照」の意味の違い 【対象】目標となるもの、相手 【対称】対応しあってつりあう 【対照】比べあわせる 「対象」「対称」「対照」は、いずれもタイショウと読む同音異義語です。 「対象」は …

no image

「現状」と「原状」の違い

「現状」と「原状」は、ともにゲンジョウと読む同音異義語です。 「現状」は、現在の状態を意味します。「現状を踏まえる」「現状に即する」「現状にあきたりない」「現状に甘える」「現状維持」「現状打開〔打破〕 …

no image

「締める」と「絞める」の違い

「締める」と「絞める」は、どちらもシメルと読む同訓異字語です。 「締める」は、ひもなどを固く結ぶ、ゆるまないようにするという意味です。 用例:「ネクタイを締める」「鍵を締める」「財布のひもを締める」「 …

no image

「飛ぶ」と「跳ぶ」の違い

「飛ぶ」と「跳ぶ」の意味の違い 【飛ぶ】空中を移動する 【跳ぶ】空中へはね上がる 「飛ぶ」と「跳ぶ」は、ともにトブと読む異字同訓の語です。 「飛ぶ」は、空中を移動する、舞い上がるという意味です。そこか …

no image

「作成」と「作製」の違い

「作成」と「作製」の意味の違い 【作成】内容を考えてつくる 【作製】道具や機械を用いてつくる 「作成」と「作製」は、どちらもサクセイと読む同音異義語です。 「作成」は、書類や文章、計画などの内容を考え …