紛らわしい語

「飛ぶ」と「跳ぶ」の違い

投稿日:

「飛ぶ」と「跳ぶ」の意味の違い

【飛ぶ】空中を移動する

【跳ぶ】空中へはね上がる

「飛ぶ」と「跳ぶ」は、ともにトブと読む異字同訓の語です。

「飛ぶ」は、空中を移動する、舞い上がるという意味です。そこから、急いで行く、途中を抜いて進む、勢いよく動く・言う、情報が伝わるなどの意味が派生します。飛行、飛躍。

「跳ぶ」は、足で地面をけって跳ね上がる、はねて障害物を越えるという意味です。跳躍。

「飛ぶ」の使用例

  • 鳥が飛ぶ
  • シャボン玉が飛ぶ
  • ハワイに飛ぶ
  • 飛んで帰る
  • 話が飛ぶ
  • 飛び石連休
  • パンチが飛ぶ
  • ヤジが飛び交う
  • うわさが飛ぶ
  • 檄(げき)を飛ばす
  • 首が飛ぶ

「跳ぶ」の使用例

  • カエルが跳ぶ
  • 縄跳び
  • 跳び箱
  • 塀(溝)を跳ぶ

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「向学」と「後学」の違い

「向学」と「後学」の意味の違い 【向学】学問に励む 【後学】将来役立つ知識 「向学」と「後学」は、ともにコウガクと読む同音異義語です。 「向学」は、学問に励もうと思うことを意味します。類義語に「好学」 …

no image

「表す」「現す」「著す」の違い

「表す」「現す」「著す」の意味の違い 【表す】感情をおもてに出す、思考を示す 【現す】隠れていたものを見せる 【著す】本を書いて出す 「表す」「現す」「著す」は、いずれもアラワスと読む異字同訓の語です …

no image

「放す」と「離す」の違い

「放す」と「離す」の意味の違い 【放す】 拘束を解いて自由にする 【離す】 くっついているものを分ける 「放す」も「離す」も、ともにハナスと読む同訓異字の語です。 「放す」は、握ったりつかんだりするこ …

no image

「即する」と「則する」の違い

「即する」と「則する」の意味の違い 【即する】現実の事態に合わせる 【則する】基準にして従う 「即する」と「則する」は、ともにソクスルと読む同訓異字の語です。 「即する」は、理論やたてまえといったもの …

no image

「改定」と「改訂」の違い

「改定」と「改訂」は、どちらもカイテイと読む同音異義語です。 「改定」は、従前のものを改めて決め直すことを意味します。 用例:「料金を改定する」「サービスの改定」「価格改定」 「改訂」は、文書の内容を …