四字熟語

「一石二鳥」とは

投稿日:

一石二鳥

読み:いっせきにちょう

意味:一つのことをして同時に二つ(以上)の利益を得ること

用例:「朝の体操は一石二鳥だ」

 

一つの石を投げて二羽の鳥を獲得するという意味で、一つの行為によって二つ以上の効果を得ることをたとえたことばです。

 

類義:一挙両得(いっきょりょうとく)

対義:虻蜂取らず(あぶはちとらず)、二兎を追う者は一兎をも得ず(にとをおうものはいっとをもえず)

-四字熟語

執筆者:

関連記事

no image

「跳梁跋扈」とは

跳梁跋扈 読み:ちょうりょうばっこ 意味:悪人など好ましくないものが勢力をもって、好き勝手に振る舞うこと 用例:「悪徳商法が跳梁跋扈する」   「跳梁(ちょうりょう)」は、わがもの顔に走り回 …

no image

「異口同音」とは

異口同音 読み:いくどうおん 意味:多くの人々が同じことを言うこと、大勢の意見が一致すること 用例:「異口同音に唱える」「異口同音に発する」   「異口」は、異なる人の口。「同音」は、同じよ …

no image

「意気投合」とは

意気投合 読み:いきとうごう 意味:お互いの気持ちや意見などがぴったり合うこと 用例:「初対面の人と意気投合する」   「意気」は、何かをしようとする気持ち。「投合」は、よく合う、ぴったり一 …

no image

「虎視耽耽」とは

虎視耽耽 読み:こしたんたん 意味:機会をねらって形勢をうかがっているようす 用例:「虎視眈々とねらう」   「虎視」と「耽耽」で、トラが鋭い目で獲物を狙っているようす。そこから転じて、力の …

no image

「罵詈雑言」とは

罵詈雑言 読み:ばりぞうごん 意味:ひどい悪口を並べ立ててののしること 用例:「罵詈雑言を浴びせる」   「雑言」は、ゾウゲンではなく、ゾウゴンと読みます。 「罵詈」は口汚くののしるという意 …