四字熟語

「一石二鳥」とは

投稿日:

一石二鳥

読み:いっせきにちょう

意味:一つのことをして同時に二つ(以上)の利益を得ること

用例:「朝の体操は一石二鳥だ」

 

一つの石を投げて二羽の鳥を獲得するという意味で、一つの行為によって二つ以上の効果を得ることをたとえたことばです。

 

類義:一挙両得(いっきょりょうとく)

対義:虻蜂取らず(あぶはちとらず)、二兎を追う者は一兎をも得ず(にとをおうものはいっとをもえず)

-四字熟語

執筆者:

関連記事

no image

「罵詈雑言」とは

罵詈雑言 読み:ばりぞうごん 意味:ひどい悪口を並べ立ててののしること 用例:「罵詈雑言を浴びせる」   「雑言」は、ゾウゲンではなく、ゾウゴンと読みます。 「罵詈」は口汚くののしるという意 …

no image

「悪口雑言」とは

悪口雑言 読み:あっこうぞうごん 意味:さんざん悪口(わるくち)を言うこと 用例:「悪口雑言を浴びせる」   「雑言」は、ゾウゲンではなく、ゾウゴンと読みます。 「雑言」は、いろいろな悪口と …

no image

「意気消沈」とは

意気消沈 読み:いきしょうちん 意味:うまくいかなくて元気がなくなる、しょげること 用例:「大差で負けて意気消沈する」   「意気」は、積極的になにかをしようとする気持ち、意気込みのこと。「 …

no image

「以心伝心」とは

以心伝心 読み:いしんでんしん 意味:ことばに出さなくてもお互いの心が通じ合うこと 用例:「彼女とは以心伝心の仲だ」   「以」は、「…をもって」「…によって」という意味。心をもって心を伝え …

no image

「虎視耽耽」とは

虎視耽耽 読み:こしたんたん 意味:機会をねらって形勢をうかがっているようす 用例:「虎視眈々とねらう」   「虎視」と「耽耽」で、トラが鋭い目で獲物を狙っているようす。そこから転じて、力の …