四字熟語

「公明正大」とは

投稿日:

公明正大

読み:こうめいせいだい

意味:人目をはばかるようなことが少しもなく、正しくて堂々としていること(ようす)

用例:「公明正大に裁く」

 

「公明」は、公平でかたよらず、隠し立てがないこと。「正大」は、態度や行動が正しくて堂々としてるさまを意味します。

「公明盛大」「光明正大」「公正明大」などと書かないように注意しましょう。

 

類義:公平無私(こうへいむし)

-四字熟語

執筆者:

関連記事

no image

「意気投合」とは

意気投合 読み:いきとうごう 意味:お互いの気持ちや意見などがぴったり合うこと 用例:「初対面の人と意気投合する」   「意気」は、何かをしようとする気持ち。「投合」は、よく合う、ぴったり一 …

no image

「異口同音」とは

異口同音 読み:いくどうおん 意味:多くの人々が同じことを言うこと、大勢の意見が一致すること 用例:「異口同音に唱える」「異口同音に発する」   「異口」は、異なる人の口。「同音」は、同じよ …

no image

「悪口雑言」とは

悪口雑言 読み:あっこうぞうごん 意味:さんざん悪口(わるくち)を言うこと 用例:「悪口雑言を浴びせる」   「雑言」は、ゾウゲンではなく、ゾウゴンと読みます。 「雑言」は、いろいろな悪口と …

no image

「悪戦苦闘」とは

悪戦苦闘 読み:あくせんくとう 意味:苦しみながら困難に打ち勝つ努力をすること 用例:「限られた予算で悪戦苦闘する」   「悪戦」は、こちら側に不利な戦いのこと。不利な状況で苦しい戦闘をする …

no image

「虎視耽耽」とは

虎視耽耽 読み:こしたんたん 意味:機会をねらって形勢をうかがっているようす 用例:「虎視眈々とねらう」   「虎視」と「耽耽」で、トラが鋭い目で獲物を狙っているようす。そこから転じて、力の …