四字熟語

「悪戦苦闘」とは

投稿日:2017年1月25日 更新日:

悪戦苦闘

読み:あくせんくとう

意味:苦しみながら困難に打ち勝つ努力をすること

用例:「限られた予算で悪戦苦闘する」

 

「悪戦」は、こちら側に不利な戦いのこと。不利な状況で苦しい戦闘をすることから転じて、困難に立ち向かって奮闘努力するという意味になります。

 

類義:奮闘努力(ふんとうどりょく)

-四字熟語

執筆者:

関連記事

no image

「暗中模索」とは

暗中模索 読み:あんちゅうもさく 意味:なんの手がかりも無いままで、あれこれやってみること 用例:「事態の打開策を暗中模索する」   「模」は、「摸」とも書きます。 「模索(摸索)」は、手さ …

no image

「罵詈雑言」とは

罵詈雑言 読み:ばりぞうごん 意味:ひどい悪口を並べ立ててののしること 用例:「罵詈雑言を浴びせる」   「雑言」は、ゾウゲンではなく、ゾウゴンと読みます。 「罵詈」は口汚くののしるという意 …

no image

「青息吐息」とは

青息吐息 読み:あおいきといき 意味:困難を乗り切れられず、非常につらく苦しいようす 用例:「物価高で生活が青息吐息だ」   「青息」は、苦しいときにつくため息の意味。「青色」ではないように …

no image

「虎視耽耽」とは

虎視耽耽 読み:こしたんたん 意味:機会をねらって形勢をうかがっているようす 用例:「虎視眈々とねらう」   「虎視」と「耽耽」で、トラが鋭い目で獲物を狙っているようす。そこから転じて、力の …

no image

「公明正大」とは

公明正大 読み:こうめいせいだい 意味:人目をはばかるようなことが少しもなく、正しくて堂々としていること(ようす) 用例:「公明正大に裁く」   「公明」は、公平でかたよらず、隠し立てがない …