四字熟語

「暗中模索」とは

投稿日:2017年1月22日 更新日:

暗中模索

読み:あんちゅうもさく

意味:なんの手がかりも無いままで、あれこれやってみること

用例:「事態の打開策を暗中模索する」

 

「模」は、「摸」とも書きます。

「模索(摸索)」は、手さぐりで探すという意味です。「暗中模索」で、「暗やみの中で手さぐりで探す」という意味になります。

まったく先が見えない状態で、さまざまに試行錯誤を繰り返しながら、夢中で事態を打開しようとすることです。

 

類義:五里霧中(ごりむちゅう)

-四字熟語

執筆者:

関連記事

no image

「意気投合」とは

意気投合 読み:いきとうごう 意味:お互いの気持ちや意見などがぴったり合うこと 用例:「初対面の人と意気投合する」   「意気」は、何かをしようとする気持ち。「投合」は、よく合う、ぴったり一 …

no image

「意気揚揚」とは

意気揚揚 読み:いきようよう 意味: 得意になって元気いっぱいであるようす 用例:「意気揚揚として帰ってきた」   「意気」は、なにかをしようとする気持ち、意気込みのこと。「揚揚」は、得意げ …

no image

「悪戦苦闘」とは

悪戦苦闘 読み:あくせんくとう 意味:苦しみながら困難に打ち勝つ努力をすること 用例:「限られた予算で悪戦苦闘する」   「悪戦」は、こちら側に不利な戦いのこと。不利な状況で苦しい戦闘をする …

no image

「罵詈雑言」とは

罵詈雑言 読み:ばりぞうごん 意味:ひどい悪口を並べ立ててののしること 用例:「罵詈雑言を浴びせる」   「雑言」は、ゾウゲンではなく、ゾウゴンと読みます。 「罵詈」は口汚くののしるという意 …

no image

「一石二鳥」とは

一石二鳥 読み:いっせきにちょう 意味:一つのことをして同時に二つ(以上)の利益を得ること 用例:「朝の体操は一石二鳥だ」   一つの石を投げて二羽の鳥を獲得するという意味で、一つの行為によ …