四字熟語

「罵詈雑言」とは

投稿日:

罵詈雑言

読み:ばりぞうごん

意味:ひどい悪口を並べ立ててののしること

用例:「罵詈雑言を浴びせる」

 

「雑言」は、ゾウゲンではなく、ゾウゴンと読みます。

「罵詈」は口汚くののしるという意味、「雑言」はいろいろな悪口という意味ですから、二つ合わさって、口から出るかぎりの汚いことばで、相手をののしるという意味になります。

 

類義:悪口雑言(あっこうぞうごん)、罵詈讒謗(ばりざんぼう)、誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)

-四字熟語

執筆者:

関連記事

no image

「一石二鳥」とは

一石二鳥 読み:いっせきにちょう 意味:一つのことをして同時に二つ(以上)の利益を得ること 用例:「朝の体操は一石二鳥だ」   一つの石を投げて二羽の鳥を獲得するという意味で、一つの行為によ …

no image

「異口同音」とは

異口同音 読み:いくどうおん 意味:多くの人々が同じことを言うこと、大勢の意見が一致すること 用例:「異口同音に唱える」「異口同音に発する」   「異口」は、異なる人の口。「同音」は、同じよ …

no image

「虎視耽耽」とは

虎視耽耽 読み:こしたんたん 意味:機会をねらって形勢をうかがっているようす 用例:「虎視眈々とねらう」   「虎視」と「耽耽」で、トラが鋭い目で獲物を狙っているようす。そこから転じて、力の …

no image

「悪口雑言」とは

悪口雑言 読み:あっこうぞうごん 意味:さんざん悪口(わるくち)を言うこと 用例:「悪口雑言を浴びせる」   「雑言」は、ゾウゲンではなく、ゾウゴンと読みます。 「雑言」は、いろいろな悪口と …

no image

「暗中模索」とは

暗中模索 読み:あんちゅうもさく 意味:なんの手がかりも無いままで、あれこれやってみること 用例:「事態の打開策を暗中模索する」   「模」は、「摸」とも書きます。 「模索(摸索)」は、手さ …