紛らわしい語

「不審」と「不信」の違い

投稿日:

「不審」と「不信」の意味の違い

【不審】 疑わしい

【不信】 信用しない

「不審」も「不信」も、どちらもフシンと読む同音異義語です。

「不審」は、疑わしい、あやしいと思うこと(さま)を意味します。

「不信」は、信用しないこと(さま)。真心がないことや、信仰心がないという意味をあらわすこともあります(不信行為、不信の徒など)。

「不審」の使用例

  • 挙動不審
  • 不審尋問
  • 不審を抱く(不審に思う)。
  • 不審を上(あ)ぐ。(不審な点を質問する)
  • 不審な男
  • 不審火(び)
  • 不審さ、不審げ
  • 不審がる

「不信」の使用例

  • 不信の念
  • 不信感
  • 政治不信
  • 不信の目で見る
  • 不信を買う
  • 不信を抱く(招く)
  • 不信が高まる(強まる)

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「仕分け」と「仕訳」の違い

「仕分け」と「仕訳」の意味の違い 「仕分(け)」と「仕訳」は、どちらもシワケと読む語です。 【仕分(け)】 区分・分類する 【仕訳】 (簿記で)取引を勘定科目に分類すること どちらも、物事についての区 …

no image

「疑・擬・凝」の違い

「疑(ギ)」は、うたがう、うたがわしいという意味をあらわします。 熟語として、「疑惑・疑義・疑心・疑問・疑念・疑心暗鬼・嫌疑・容疑・質疑・懐疑・猜疑(さいぎ)・半信半疑」などがあります。 「疑」には、 …

no image

「興業」と「興行」の違い

「興業」と「興行」は、どちらもコウギョウと読む同音異義語です。 「興業」は、産業を盛んにすることを意味します。「興す(おこす)」は、盛んにするという意味です。 用例:「殖産興業」「興業債券」 「興行」 …

no image

「配付」と「配布」の違い

「配付」と「配布」は、いずれもハイフと読む同音異義語です。 「配付」は、関係する人の一人ひとりに渡すことを意味します。「付」は、手渡しするという意味。 用例:「資料の配付」「問題用紙を配付する」 「配 …

no image

「基準」と「規格」の違い

「基準(きじゅん)」は、最低限それを満たさなければいけないとされる決まりを意味します。各種基準は、法令などの形で制定されます。 「労働基準」「建設基準」「騒音基準」「安全基準」など。 「規格(きかく) …