紛らわしい語

「不審」と「不信」の違い

投稿日:

「不審」と「不信」の意味の違い

【不審】 疑わしい

【不信】 信用しない

「不審」も「不信」も、どちらもフシンと読む同音異義語です。

「不審」は、疑わしい、あやしいと思うこと(さま)を意味します。

「不信」は、信用しないこと(さま)。真心がないことや、信仰心がないという意味をあらわすこともあります(不信行為、不信の徒など)。

「不審」の使用例

  • 挙動不審
  • 不審尋問
  • 不審を抱く(不審に思う)。
  • 不審を上(あ)ぐ。(不審な点を質問する)
  • 不審な男
  • 不審火(び)
  • 不審さ、不審げ
  • 不審がる

「不信」の使用例

  • 不信の念
  • 不信感
  • 政治不信
  • 不信の目で見る
  • 不信を買う
  • 不信を抱く(招く)
  • 不信が高まる(強まる)

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「意志」と「意思」の違い

「意志」と「意思」は、ともにイシと読む同音異義語です。 「意志」は、なにかをやり遂げよう、あるいはすまいとする気持ちを意味します。単なる考えや思いではなく、積極的な心のあり方を指します。「意志が強い〔 …

no image

「仮装」と「仮想」の違い

「仮装」と「仮想」の意味の違い 【仮装】 奇抜な姿を装うこと。 【仮想】 仮に想定すること。 「仮装」と「仮想」は、どちらもカソウと読む同音異義語です。 「仮装」は、余興・遊びで奇抜な扮装(ふんそう) …

no image

「捌く」と「裁く」の違い

「捌く」と「裁く」は、どちらもサバクと読む異字同訓語です。 「捌く」は、 手際よく処理するという意味です。 用例:「仕事を捌く」「在庫を捌く」「手綱を捌く」「鳥を捌く」「ハンドル捌き」 「裁く」は、善 …

no image

「必至」と「必死」の違い

「必至」と「必死」は、ともにヒッシと読む同音異義語です。   「必至」は、必ずそうなる、そうなることは避けられないという意味です。 用例:「倒産は必至だ」 類語:必然   「必死」 …

no image

「基準」と「規格」の違い

「基準(きじゅん)」は、最低限それを満たさなければいけないとされる決まりを意味します。各種基準は、法令などの形で制定されます。 「労働基準」「建設基準」「騒音基準」「安全基準」など。 「規格(きかく) …