紛らわしい語

「仕分け」と「仕訳」の違い

投稿日:

「仕分け」と「仕訳」の意味の違い

「仕分(け)」と「仕訳」は、どちらもシワケと読む語です。

【仕分(け)】 区分・分類する

【仕訳】 (簿記で)取引を勘定科目に分類すること

どちらも、物事についての区分という意味を持ちますが、使われる場面が異なっています。

「仕分け」は、品物などを種類・用途などに応じて分類・整理すること。

「仕訳」は、複式簿記における取引の分析・記録の一つ。

「仕訳」は簿記用語であり、一般的には「仕分け」の語を用います。

「仕分け」の使用例

  • 届いた荷物を仕分ける
  • 商品を仕分けるバイト
  • 事業仕分け
  • 仕分け作業
  • 仕分け機
  • 仕分け財布

「仕訳」の使用例

  • 仕訳帳
  • 貸借の仕訳
  • 仕訳伝票

注意点

動詞にする際、「仕分ける」と表すことはできますが、「仕訳る」と表すことはできません。

「仕訳する」と表しましょう。

-紛らわしい語

執筆者:

関連記事

no image

「絞る」と「搾る」の違い

「絞る」と「搾る」は、どちらもシボルと読む異字同訓語です。 「絞る」も「搾る」も、ともにねじったり圧迫したりして液体を取り出すことを意味します。 ねじる・しめるときは「絞る」を用い、圧迫するときは「搾 …

no image

「最後」と「最期」の違い

「最後」と「最期」は、ともにサイゴと読む同音異義語です。 「最後」は、いくつか続いている物事のもっともあと・うしろという意味。用例として、「行列の最後」「最後の晩餐(ばんさん)」「人生最後のチャンス」 …

no image

「必至」と「必死」の違い

「必至」と「必死」は、ともにヒッシと読む同音異義語です。   「必至」は、必ずそうなる、そうなることは避けられないという意味です。 用例:「倒産は必至だ」 類語:必然   「必死」 …

no image

「疑・擬・凝」の違い

「疑(ギ)」は、うたがう、うたがわしいという意味をあらわします。 熟語として、「疑惑・疑義・疑心・疑問・疑念・疑心暗鬼・嫌疑・容疑・質疑・懐疑・猜疑(さいぎ)・半信半疑」などがあります。 「疑」には、 …

no image

「排出」と「輩出」の違い

「排出」と「輩出」とは、どちらもハイシュツと読む同音異義語です。 「排出」は、内部にある不要な物を外へ押し出すことを意味します。生物が体内の老廃物を外に出すことをとくに「排泄(はいせつ)」と言います。 …