紛らわしい語

「仕分け」と「仕訳」の違い

投稿日:

「仕分け」と「仕訳」の意味の違い

「仕分(け)」と「仕訳」は、どちらもシワケと読む語です。

【仕分(け)】 区分・分類する

【仕訳】 (簿記で)取引を勘定科目に分類すること

どちらも、物事についての区分という意味を持ちますが、使われる場面が異なっています。

「仕分け」は、品物などを種類・用途などに応じて分類・整理すること。

「仕訳」は、複式簿記における取引の分析・記録の一つ。

「仕訳」は簿記用語であり、一般的には「仕分け」の語を用います。

「仕分け」の使用例

  • 届いた荷物を仕分ける
  • 商品を仕分けるバイト
  • 事業仕分け
  • 仕分け作業
  • 仕分け機
  • 仕分け財布

「仕訳」の使用例

  • 仕訳帳
  • 貸借の仕訳
  • 仕訳伝票

注意点

動詞にする際、「仕分ける」と表すことはできますが、「仕訳る」と表すことはできません。

「仕訳する」と表しましょう。

-紛らわしい語

執筆者:

関連記事

no image

「排出」と「輩出」の違い

「排出」と「輩出」とは、どちらもハイシュツと読む同音異義語です。 「排出」は、内部にある不要な物を外へ押し出すことを意味します。生物が体内の老廃物を外に出すことをとくに「排泄(はいせつ)」と言います。 …

no image

「即する」と「則する」の違い

「即する」と「則する」は、ともにソクスルと読む同音異義語です。   「即する」は、現実の事態に合わせる、適合するという意味で用います。 理論やたてまえといったものにとらわれることなく、その時 …

no image

「勧める」と「薦める」の違い

「勧(すす)める」は、あることをするように相手に説く、そうするように促すという意味をあらわします。「奨(すす)める」という語も同じ意味です。 「薦(すす)める」は、ある人・物が相手の求めにふさわしいと …

no image

「努める」「務める」「勤める」の違い

「努める」「務める」「勤める」の意味の違い 【努める】 努力する 【務める】 任務を果たす 【勤める】 勤務する 「努める」「務める」「勤める」は、それぞれツトメルと読む異字同訓の語です。 「努める」 …

no image

「配付」と「配布」の違い

「配付」と「配布」は、いずれもハイフと読む同音異義語です。 「配付」は、関係する人の一人ひとりに渡すことを意味します。「付」は、手渡しするという意味。 用例:「資料の配付」「問題用紙を配付する」 「配 …