紛らわしい語

「仕分け」と「仕訳」の違い

投稿日:

「仕分け」と「仕訳」の意味の違い

「仕分(け)」と「仕訳」は、どちらもシワケと読む語です。

【仕分(け)】 区分・分類する

【仕訳】 (簿記で)取引を勘定科目に分類すること

どちらも、物事についての区分という意味を持ちますが、使われる場面が異なっています。

「仕分け」は、品物などを種類・用途などに応じて分類・整理すること。

「仕訳」は、複式簿記における取引の分析・記録の一つ。

「仕訳」は簿記用語であり、一般的には「仕分け」の語を用います。

「仕分け」の使用例

  • 届いた荷物を仕分ける
  • 商品を仕分けるバイト
  • 事業仕分け
  • 仕分け作業
  • 仕分け機
  • 仕分け財布

「仕訳」の使用例

  • 仕訳帳
  • 貸借の仕訳
  • 仕訳伝票

注意点

動詞にする際、「仕分ける」と表すことはできますが、「仕訳る」と表すことはできません。

「仕訳する」と表しましょう。

-紛らわしい語

執筆者:

関連記事

no image

「渇く」と「乾く」の違い

「渇く」と「乾く」は、どちらもカワクと読む同音異義語です。 「渇く」は、水分がほしい状態を意味します。 用例:「のどが渇く」「愛情の渇き」 「乾く」は、水分がなくなることを意味します。対義語は「湿る」 …

no image

「初め」と「始め」の違い

「初(はじ)め」は、ある期間の早い段階、ものごとの最初という意味をあらわします。 「始(はじ)め」は、ある時点から新たな行動をしたり、ものごとが起こったりすることを意味します。「創(はじ)め」と書くこ …

no image

「時期」「時季」「時期」の違い

「時期」「時季」「時機」の意味の違い 【時期】 時、期間 【時季】 季節、シーズン 【時機】 機会、チャンス 「時期」「時季」「時機」は、いずれもジキと読む同音異義語です。 「時期」は、何かをするため …

no image

「写す」と「映す」の違い

「写す」と「映す」の意味の違い 【写す】 原物を忠実に再現する。コピー。 【映す】 光の反射で物の姿・形が見える。 「写す」と「映す」は、どちらもウツスと読む同音異義語です。 「写す」は、物や文書など …

no image

「平行」と「並行」の違い

「平行」と「並行」は、どちらもヘイコウと読む同音異義語です。 「平行」は、二つの線などが交わらないことを意味します。 用例:「平行四辺形」「鉄道に平行する道路」「議論は平行線のままである」 「並行」は …