紛らわしい語

「以下」と「未満」の違い

投稿日:

「以下」と「未満」の意味の違い

【以下(いか)】それと同じまたは小さい

【未満(みまん)】それより小さい

「以下」も「未満」も、ある基準となる数値よりも小さい・少ないことを表します。

ただし、「以下」を用いる場合は基準となる数値をも含みますが、「未満」を用いる場合は含みません。

また、「以下」には、そこから下という意味や、それに劣るという意味もあります。対義語は「以上」。

「以下」の使用例

  • 1万円以下の予算
  • 中学生以下は半額
  • 以下省略・以下同文
  • あいつの実力はおれ以下だ
  • 理事長以下10名の役員〔=それを含めてそれより下位の者全員〕

「未満」の使用例

  • 20歳未満を対象とする調査

-紛らわしい語

執筆者:

関連記事

no image

「同士」と「同志」の違い

「同士」と「同志」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。 「同士」は、同じ種類・性質であることを意味します。接尾語的に用いてお互いにそういう関係にあることを示します。 用例:「男同士」「隣同士」「恋 …

no image

「努める」「務める」「勤める」の違い

「努める」「務める」「勤める」の意味の違い 【努める】 努力する 【務める】 任務を果たす 【勤める】 勤務する 「努める」「務める」「勤める」は、それぞれツトメルと読む異字同訓の語です。 「努める」 …

no image

「勧める」と「薦める」の違い

「勧(すす)める」は、あることをするように相手に説く、そうするように促すという意味をあらわします。「奨(すす)める」という語も同じ意味です。 「薦(すす)める」は、ある人・物が相手の求めにふさわしいと …

no image

「排出」と「輩出」の違い

「排出」と「輩出」とは、どちらもハイシュツと読む同音異義語です。 「排出」は、内部にある不要な物を外へ押し出すことを意味します。生物が体内の老廃物を外に出すことをとくに「排泄(はいせつ)」と言います。 …

no image

「写す」と「映す」の違い

「写す」と「映す」の意味の違い 【写す】 原物を忠実に再現する。コピー。 【映す】 光の反射で物の姿・形が見える。 「写す」と「映す」は、どちらもウツスと読む同音異義語です。 「写す」は、物や文書など …